百商/氷見稲積梅株式会社のHPを製作しました

2018年3月末で氷見市地域おこし協力隊の任期終了。これまで築き上げてきた市民の皆様のとの関係を4月以降の独立・起業に向けて、水面下で活動しています。 実際に、現在も今回公開する稲積地区の他、速川地区、仏生寺(脇之谷内)地区でのお仕事を頂いています。第1段は、やっぱり 脇之谷内キムチ 今思えばそうなるのですが、ブログアップした時は、あまり起業を意識していませんでした(^^♪ 今回は、その第2段・

特産氷見稲積梅生産組合・氷見稲積梅株式会社

から、ホームページ製作依頼を受け、このたびリニューアルとなりました。 IMG_2280北日本新聞2圧縮

特産氷見稲積梅生産組合の皆さん

6月梅の摘み取り作業の様子

  新しい稲積梅のホームページは、こちらです ↓↓↓ https://www.himiinazumiume.jp/ 180302_稲積梅HP画像640×480

稲積梅ホームページの画像より

特産氷見稲積梅生産組合は、富山県固有種である稲積梅を生産している農家の組織です。 梅農家全員がエコファーマーに認定されて、 減農薬・減化学肥料に取り組んでいます。 また、有名な紀州の南高梅は、梅と杏の掛け合わせですが、 稲積梅は、富山県の固有種であり、食感がしっかりとしています。 そんな素晴らしい素材の梅を100%買い取り、 製造・加工する組織が氷見市内で6次産業化のトップランナーである 氷見稲積梅株式会社なのです。 160619_稲積梅 収穫体験(171)

特産氷見稲積梅の法被

 

ホームページ製作のこだわり

私自身、これまで稲積梅の皆さんと梅の摘み取り体験や梅の花見といった都市農村交流企画イベントを携わらせていただいたことで、信頼関係を長い時間をかけて築きあげてきたことが、今回の大きな仕事に繋がったと感じています。 ですから、通常のホームページ製作会社やWEB製作会社とは違い、 地域密着型WEB製作者でありたい と考えています。 まず、生産者との信頼関係が、単に新しいホームページを作るという以前から構築してきました。私自身も、これから新たな企業や団体とのホームページ立ち上げでお手伝いさせていただけるなら、これを一番大事にしたいと思っています。 なぜなら、 自分自身のHP・blogでも常に集客を意識し続けています。そして、一般的なホームページ製作会社ではできない部分、   更にHP所有者(生産者)の声を隅々まで拾い上げることを重視し 単にデザイン重視ではなく、 より検索しやすく、 より消費者のニーズにあい、 なりより生産者に寄り添った ホームページ製作が出来ると自負しています。 また、これまでの仕事上、行政との折衝・交渉にもたけ、 補助金・助成金の対応を検討・活用し、支出負担の削減 にも貢献出来ます。 上記のようなこだわりは、通常のWEB製作者が苦手とする分野であり、実践・実績のあるWEB製作者は、本当に少ないです。 稲積梅のホームページも、これまでのHPから、さらに見やすく・検索しやすくなりました。 更に、 スマホやiPhoneなどモバイルにも対応 外国言語への変換対応 facebook、インスタグラム、youtube等他のSNSとの連携を強化 など、これも私自身の実践経験を最大限活かして、稲積梅のブランド化 を進めていきたいと考えています。 このようなホームページ製作は、手間暇がかかることと、実践・実績がなければ、出来ないことです。 そのため、他の製作会社とは全く異質ですが、依頼主の人々からは、大変満足な評価を得ています。 今後、さらにこのようなホームページ製作に携わり、都会では真似の出来ない田舎だから出来る情報発信を作り上げていくWEB製作者の1人でありたいと考えています。  

百商について

2018年4月から氷見市に定住します。主の産業は、ずばり農業! 農業だけで生活できる年収を確保するのは、本当に難しいです また、自分だけが農業で生計を立てることも大事なのかも知れませんが、 協力隊制度がなくなっても、移住希望者が移住出来るような環境づくりの一環として 自らが生業を作りながら、生活基盤を築き上げていくことを目指します 年収250万円の実現! ざっくり
  • 農業100万円、
  • 草刈・除雪等委託作業50万円、
  • 観光業(イベント企画・運営)30万円、
  • 農家民泊30万円、
  • WEB製作・広告代理関連20万円、
  • コンサルタント業・講演依頼20万円
以上で計250万円 そのためにも、本ブログを読んだ皆さん、上記内容でのお仕事ください( ^)o(^ ) お待ちしています

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート