Have an account? Sign in or Sign up

カテゴリアーカイブ: 1002仏生寺地区

氷見市仏生寺地区
秘められた三千坊の山、幕末の剣豪齋藤弥九郎の誕生地、ハト麦の里細越、高岡市に隣接し、北陸新幹線から氷見市に一番近いアクセスがあり、かつ静かな里山風景が今も色濃く残る場所

320円の大根キムチを母のためにタクシー使って買いにきた方・お礼と販売予定日のお知らせ

脇之谷内でばあちゃんたちが作っている

脇之谷内キムチ

先日、そよかぜ農産物直売所野村店で、聞いたエピソードを 本日は書き綴り、その方に対しこの場を借りて 熱くお礼申し上げたいと思います また、このキムチを通して、生産者の思いを伝えたい

脇之谷内白菜キムチ 大350円、小230円

  180222_キムチ (2)(0)

脇之谷内カクテキ 大320円 小200円

  そよかぜエピソード 物語は、そよかぜ農産物直売所高岡野村店に1本の電話から始まった 161119_そよかぜ (6)圧縮

そよかぜ農産物直売所高岡野村店外観

お客「昨年食べた脇之谷内の大根キムチ 先日新聞に掲載されてたので、再度購入しようと (そよかぜ農産物直売所)高岡駅南店に訪れたのですが、 閉店になっていて、そちら(高岡野村店)にはありますか?」 店員「脇之谷内のキムチ、おいてありますよ」 お客「車をもたないので、今から歩いて伺います」 そう言って男性は、電話を切った 高岡駅南店から高岡野村店までの距離は、4.1km 一般男性が徒歩で歩いたら40~60分かかる 定員は、わざわざ歩いてくるのを心配だった 数十分経過して、40~50代くらいの男性がタクシーに乗って

そよかぜ農産物直売所高岡野村店に訪れた

男性は、店員に「大根キムチを2個ください」と言って 320円のカクテキ(大根)キムチを買って、待たせてあった タクシーに乗って、母親の待つ家路に戻っていった この話を、定員に聞かされたとき、タクシーに乗ってまでわざわざ買いに 来ていただけることに、本当にありがたいと思った

脇之谷内キムチは、

無添加、地元の野菜を贅沢に使った発酵食品です 入っている食材は、3種類の果実8種類の野菜 脇之谷内産の白菜、大根、ニンニク、ネギ、玉ねぎ、原木椎茸 氷見市産の、ショウガ、ニンニク、リンゴ 特産!富山市岩城果樹園の呉羽梨、干し柿 国産の、ニラ、玉ねぎ、ショウガ

続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

日本初!?婆ちゃんがラップでノリノリ・究極キムチ

脇之谷内でのキムチづくり

今年で3年目 婆ちゃんの手際も味も良くなった 170219_キムチづくり(123)

無添加・地元野菜果物がたくさん入った脇之谷内キムチ

先日のキムチ教室を体感した参加者から アンケートしたら満足度100% イベントや脇之谷内の印象を20文字程度に まとめて表したらのお題を依頼したら 出てくる 出てくる 良いキャッチ(#^.^#)!!! 180217_キムチ教室(157)

キムチ教室での食事の様子

そんなキャッチコピーをまとめて ラップにして、動画を作ってみました メイキング動画・本番動画、youtubeで配信中   NGあり、笑いありのメイキング動画は、 キメキメ・カッコイイ婆ちゃんラップは、こちら キムチづくりは、人づくり 今年は、冬野菜が高く生で白菜を販売をしたほうが儲かる しかし、キムチを作ることで、地域の人々が集まり集う

180212_キムチ塩漬け (114)圧縮婆ちゃんたちの井戸端会議

そんな輪の中に都市住民も少しだけ体感して、元気になる

今、脇之谷内では、小さな都市農村交流が動き出そうとしている この動画で、富山県の中山間地域から日本全国の過疎地や都会に元気を届けたい そんな思いで、氷見市脇之谷内集落の婆ちゃん達は、楽しく美味しいキムチを作っています。 facebookは、メイキング動画を公開。blog・youtubeで本編をアップしています。思わずほっこり笑えたら、ぜひチェックしてシェア拡散願います。 なお、脇之谷内キムチは、

氷見安心安全食品の店(稲積梅直売所)、

そよかぜ農産物直売所(野村店、掛尾店、藤ノ木店)、

氷見漁港場外市場番屋街みのりの番屋

で販売しています。...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

参加者満足度100%みんな笑顔のキムチ作りと田舎料理イベント

2018年2月17日(土)氷見市仏生寺(脇之谷内地区)で、 地域のお母さんたちと一緒に都会の人々が交流しあう 都市農村交流イベント

婆ちゃんと一緒に贅沢キムチ作りと田舎料理のランチ付き

が開催されました。   脇之谷内のキムチづくりのこだわりは、
  • 減農薬・無添加で体に優しい本格キムチづくり
  • 氷見地元野菜を80%以上使用   脇之谷内産;大根、白菜、ネギ、ニンニク、原木干しシイタケ 氷見市産;ショウガ、ニンニク、リンゴ 県・国内産;呉羽梨(富山市)、玉ねぎ(北海道)、ニラ(高知県)
180217_キムチ教室(101)

ヤンニョムに入れる食材

これだけたくさんの野菜がはいって、全て手作業 手間暇愛情たっぷりのキムチづくりです。 なお、主材料である白菜は、苗の移植時に通常の半分の農薬1回だけで、 あとは、防虫ネットで対応した 障害者と地域のばあちゃんたちが一緒になって愛情こめて作った 減農薬野菜です! 詳細は、こちら

障害者と協働作業での野菜栽培の様子http://www.nomachi.info/blog/15319

今回も開催時間は、朝9時頃からやんわりとはじまり、

20分間の自己紹介とオリエンテーリング そのあと、参加者と地域のお母さんたちが一緒になってキムチづくり マイ包丁・まな板で、ひたすら上記野菜を切っていく 180217_キムチ教室(112)

地元も都市住民も会話しながら楽しく野菜切り作業の様子

切り作業は、概ね1時間程度で修了 そのあとは、切った野菜を付けタレ(ヤンニョム)に投入していく 20kg近い材料を混ぜ混ぜさせていくのは、本当に大変・重労働 ここは、参加者の男性の見せどころ・力仕事! 15分の肉体労働、参加者Yさんありがとうございました

180217_キムチ教室(134)野菜や調味料をいっきに入れて、混ぜ込む様子

出来上がったヤンニョムを白菜に漬け込んでいく ばあちゃん先生が参加者に指導 イベント参加者は、各自作った白菜をお土産としてお持ち帰り 180217_キムチ教室(147)

白菜キムチの漬け込みの様子

年々キムチ教室の質も上がり、3年前の第1回は、1時頃までかかっていましたが、今回は、11時過ぎで終了 12時までは、都市住民と地域のばあちゃんたちとご歓談 いろいろな話が飛び交いました(画像無し) 12時からは、お待たせランチ会 脇之谷内の婦人方の皆さんが、

各々の家庭の味のおかず(田舎料理)を持ち寄り

180217_キムチ教室(156) 続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

【満員御礼】婆ちゃんと一緒に贅沢キムチ作りと田舎料理のランチ付き

キムチ体験教室、僅か1週間で応募人員に達しました。 私自身も驚いています。リピーター3割、新規7割の参加者も理想の形です。 本イベントに参加されなくても、本ブログを閲覧して、

にほんブログ村 

いいねを押すことで、1人1人の小さな個人が地域団体を支援し、

無償の情報拡散効果(SEO

拡大している証が出来つつあります。本当にありがとうございます。 イベント内容は、これ以降

氷見市の里山・氷見市仏生寺地区脇之谷内で、

里山料理が楽しめるランチ付き

減農薬・無添加で体に優しい本格キムチづくり

を開催します。 151220_キムチづくり(118)

脇之谷内キムチの浅漬け 白菜の塩漬けの端切れだからこそ出来るこの1品

脇之谷内キムチの詳細は、こちら→氷見の無添加・無化学調味料で創る本格キムチ

 本イベントの目玉は、 脇之谷内の婦人方の皆さんが、

各々の家庭の味のおかず(田舎料理)を食べられる!

何が頂けるかは、当日のお楽しみ(●^o^●) 161225_キムチ教室(114)

キムチづくりの様子

同じ食材を持ってきても、例えば大根の漬物1つにしても、全く同じ味にはならず、どの家庭の味も微妙に違って食べるのが楽しめます。 【期  日】 平成30年2月17日(土) 【参加人数】 5~7名程度 【持  物】 三角巾、エプロン、包丁、まな板 【参  加  費】 3000円(※子供は、要相談1500円) (昼食代、お土産(脇之谷内米、キムチ、仏生寺干しシイタケ他)、保険代) 【時  間】 9時から14時頃まで(昼食有)  ・09時00分~09時15分 自己紹介  ・09時15分~12時30分 キムチづくり  ・12時30分~13時30分 皆で昼食  ・13時30分~14時00分 後片づけ 【集合時間・場所】 9時00分 脇之谷内公民館2件裏 脇之谷内里山づくり実行委員会(稲垣宅) 【問合せ先】 氷見市地域おこし協力隊稲垣信志090-1851-8441 または、本ブログ投稿でも可

集合場所:脇之谷内里山づくり実行委員会

160125_自宅雪景色 (3)圧縮

集合・開催場所

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

美味しい田舎のかぶら寿司/高級ブリは使いません

【かぶら寿司】とは

かぶら寿司(かぶらずし)は、かぶらに切り込みを入れてブリやニンジンなどを挟んで発酵させたなれずし。石川県の加賀地方産のものが全国的に有名だが、富山県西部など、能登地方を除く旧・加賀藩の地域で広く作られる。

ウィキベディアより

冬の頂き物・かぶら寿司

先日近所のばあちゃんから頂いた。 160204_蕪寿司 (1)圧縮

鯖のかぶら寿司

ばあちゃん曰く、 のかぶら寿司は、食べやすく、私は好き』 ブリのかぶら寿司は、市販でよく出回っているが、ははじめて 見の漁港で獲れた身が締まって上等なのがのったと、ばあちゃんのつくったの甘みがなんとも言えないおいしさを引き出す。 ばあちゃんの言葉とおり、

のかぶら寿司

が癖になりそう(●^o^●)  ...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

非売品・肉厚・濃厚ジャンボしいたけ/仏生寺しいたけ園

氷見の里山、三千坊のおひざ元 氷見市仏生寺地区脇之谷内

ここは、仏生寺しいたけ園の里

椎茸の原木栽培をされている六田さんから ジャンボシイタケ (非売品)を頂きました 161117_%e4%bb%8f%e7%94%9f%e5%af%ba%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%91-2%e5%9c%a7%e7%b8%ae こんな大きな椎茸、しかも原木で栽培されていらっしゃる。すごい! 普通、スーパーで販売されているのは、菌床椎茸 菌床椎茸は、おがくずと室内で作られているから、味は薄く、食べ応えがない それに比べて、原木椎茸は、伐採した木(ほだ木)をつかって栽培するので、天然に近い環境 中身は、弾力があり、味が全然違う! 普段菌床椎茸ばかり食べている人が、初めて原木椎茸を食べると これが椎茸? って思うくらい驚きで、食べ応えあり さっそく、

しいたけステーキ 

で頂きました。 肉厚で、濃厚、 癖になります。 富山県内のスーパー アルビス 等で

仏生寺しいたけ園 

の名前で販売されています。是非チェックしてみてください。 ただし、大量生産は、されていないので、限定品です。  ...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

氷見市地域おこし協力隊(稲垣)・田舎暮らし週間活動報告(11月第2週)富山で移住定住

週に1回の地域おこし協力隊活動報告。

地域おこし協力隊は、国の制度で最長3年間の任期。

私は、地域おこし協力隊制度に頼らずその土地土地の地域資源である1次産業を中心に、誰もが田舎で半農半Xを終職として、先人たちの築きあげてきた暮らしを守り未来に繋げられるような仕組みを作っていきたい。 そのために、地域の人々や移住定住希望者、田舎に興味のある人たちのかけ橋になりたい。 本週間活動報告は、その備忘録も兼ねている。

最新の氷見市地域おこし協力隊 稲垣信志 の週間活動報告はこちらからクリック願います(●^O^●)

↓ ↓ ↓

20_氷見市地域おこし協力隊活動報告

平成29年11月6日(月)~11月12日(日)の活動

秋は、行事毎が重なり、かなりハード。今週は、農業1日。しかも樹齢25年程度のコナラの木の伐採。チェーンソーでバッタバッタと切り倒す。竹やぶ久しぶりに気持ち良かった。 他には、地域おこし協力隊活動経費報告書作成(1カ月遅れ)、氷見里山体感ツアー(三千坊ウオーク)の準備運営、せっかくウオークin臼ヶ峰の支払い関係 で追われた。 日曜日は、地域行事である仏生寺地区カローリング大会。体育委員になって、今年で2年目。 カローリング運営の裏方で、ばたばた。 171106,07 171108,09 171110,11 171112  

※   は、副業や居住地域での奉仕活動等のため、業務時間外

  171107_ほだ木伐採(106)圧縮

11月7日(火) キノコの師匠とほだ木切り

171108_三千坊ロープ (2)圧縮

11月8日(水) 三千坊遊歩道確認 地域の人たちが、週末の散策の為にロープを設置

171111_三千坊脇之谷内(197)

11月11日(土) 氷見里山体感ツアーを実施 詳細は、下記ブログを見てね ⇓ ⇓ ⇓

里山の魅力を体感/参加者アンケート満足度100%の里山体験ツアー

1日1回、下記バナー『にほんブログ村』へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

里山で障害ある人と協働作業で雇用創出・地域に溶け込み農福連携始まる

富山県では、まだまだ障害者が働く場所が限られているように感じる。 そこで、脇之谷内里山づくり実行委員会では、 平成29年8月18日より、地域の特産であるキムチづくりの原材料となる白菜を、 障害者福祉サービス事業所b-らいふかんぱにーと連携して作業を始めた。 b-らいふ から来てくれた、障害者の皆さん、すごく元気で、 初日当初から元気いっぱい 受入地域のお母さんたちも、笑顔でニコニコ応対して教えてくれた 170818_b-らいふ白菜種植え(107)圧縮

8月18日(金) はくさいの種植え

8月25日(金) はくさいの種植え2回目 この日は、地域のばあちゃんとbらいふ 著者は、東京研修で出張中

8月29日(火)、9月1日(金) 畝立て作業

170905_白菜苗植え(103)圧縮

9月5日(火) 苗定植 この日は、新聞各社が取材

170906_bらいふ富山新聞圧縮

9月6日(水) 富山新聞朝刊

170906_bらいふ北日本圧縮

9月6日(水) 北日本新聞朝刊

170906_bらいふ北陸中日assyuku

9月6日(水) 北陸中日新聞朝刊

 脇之谷内里山づくり実行委員会では、これから農福連携で新たしい地域のあり方を創っていきます。

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

三千坊ハイキングコースを整備_氷見市&高岡市地域住民ボランティア

氷見市と高岡市の境にある三千坊山(264m) 150726_三千坊草刈り (10)圧縮

山頂からの氷見平野

 かつて、この山裾には3000もの寺院があったとか、3000人もの僧侶がいたと言われ山の名前に三千坊と名付けられたと言い伝わっているが、古文書が少なく不解明な部分が多いミステリアスな山。 山裾にある氷見市仏生寺地区脇之谷内には、今でも寺院で栄えていた名前が各所で見られロマンスを感じる。 そんな歴史的ロマンス漂う三千坊山の遊歩道を 氷見市側代表脇之谷内 と 高岡市側代表・山川 の住民が合同で草刈りをボランティアを行う行事が毎年7月末に行われている 。

氷見市側(脇之谷内)の人々

草刈りは、朝8時30分に集合し、遊歩道と山頂付近の雑木林を集中的にお昼頃まで行われる。 150726_三千坊2

草刈りの様子

 遊歩道の草刈りは、登り始めは、若干急な階段上ではあるが、15分程度登れば、あとは緩やかな稜線上のコナラやクヌギの木立の中を歩く。 途中3カ所の休憩箇所もあり、登山者の休む場所となっている。 150726_三千坊3  

遊歩道途中に設けられた休憩場所

頂上には、展望台が設置されており、氷見の平野部から高岡、射水、砺波、南砺の平野部が一望できる。 また、宝達山、立山、白木峰、五箇山、白山の山々も一望出来る場所になっている。 山頂までは、遊歩道の他、9合目まで自動車で来れるので、気軽に登れる山であるが、認知度が低く登山者は、少ない。 150726_三千坊草刈り (19)

高岡側の眺め

トイレ設備は、ありません。 Youtubeで動画をアップしています。よければ見てください。 ...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

仏生寺ウォーク「氷見市ヘルスプラン21(氷見市健康づくり活動)」

氷見市では、生涯、役割を持って健康でいきいきと生活できることを目的に、 「氷見市ヘルスプラン21」 の推進と、地域での健康づくりの輪の拡大を柱に、

「健康づくりボランティア」

の活動が、市内の各地区で展開されている。 健康づくりボランティアには、 「食生活改善推進員」、 「母子保健推進員」、 「ヘルスボランティア」、 「がん対策推進員」 の団体があり、 「健康づくりボランティア連絡協議会」を軸に それぞれ得意分野を生かし、協力して活動を展開している。 仏生寺地区では、7月中旬に健康づくりの一環として ウォーキング が開催されています。   170723_仏生寺ウオーク(102)圧縮

平成29年7月23日(日)開催

この日は、雨天だったため、参加人数が減った

160718_仏生寺ウォーク(105)

平成28年の様子

小学生から70歳代までの30数名の方が参加

160715_コース図

仏生寺地区寺中から細越までのコース

 

160718_仏生寺ウォーク(148)

上原の棚田から見た氷見市街

160718_仏生寺ウォーク(136)

細越のハトムギ工場を見学(平成28年度)

160718_仏生寺ウォーク(142)

細越に着いたら、お昼はバーベキュー

仏生寺地区の親睦を深めるために、お昼は、バーベキュー。

野菜は、ほとんど、仏生寺地区のお野菜。

鮮度がよく、美味いです。

復路も往路と同じコースを歩く。帰りは、下り坂なので、楽でした。 普段接することのない他地区の人たちとも交流が出来、防災に重点を置いている仏生寺としては、災害時の連携にも繋がる有意義なウォーキングです。 なお、赴任地での続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村