10年後の地域づくりを考える・行政依存からの脱却

     

自らの地域が、行政や議員さんに依存しないで、地域活性化を行うとする地域づくりに取り組んでいる場所は、少ない。 起爆剤として、行政を活用するのは、良いと思う。 しかし、毎回依存し、どっぷり補助金や助成金に浸かってしまっては、地域活性化につながらないケースが多いと危惧する。 そんなことを教えてくれた心の師の一人が、IIHOE【人と組織と地球のための国際研究所】代表者兼ソシオ・マネジメント編集発行人の 川北秀人 (かわきた ひでと)氏 170416_おらっちゃ創生報告会(131)

平成29年4月16日 おらっちゃ創生支援事業報告会にて 川北先生(左)と著者(右)

8月1日、お隣石川県七尾市で川北先生の講座が開催されます。

まちづくり市民講座「どうする地域づくり!!行政依存からの脱却」

170801_講座チラシ_1

ここをクリックするとPDF画面を表示

本講座と、翌日御祓川大学主催で行われる 【行政職員・中間支援組織対象】特別講座「あなたのまちで”小規模多機能自治”を進めるには」 に参加してきます。 七尾市の他、最近新聞では、南砺市も川北先生に起こし頂き、地域活性化に取り組んでいるらしいです。 氷見市では、昨年速川地区で川北先生を招き、その後金沢大学生による15歳以上全住民アンケートを実施し、一定の効果があった。 今年度、まだ氷見市の地域組織で、先生を呼んでの勉強会は、進められていない。 氷見市企画政策課では、川北先生を各自治組織が学べる枠があるらしいので、是非活用して欲しい。

1日1回、下記バナー『にほんブログ村』へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へにほんブログ村

2016年7月12日の記事はこれ以降 氷見市では、未来の課題にむけて『まち・ひと・しごと創生総合戦略』を策定し、地域づくりについて一生懸命に取り組んでいます。 地域に根付いた地域づくりに取り組む手法として、外部の講師を地域に招いた 氷見市で初の勉強会 『雲南市の住民自治に学ぶ小規模多機能自治勉強会』 が、速川地区で開催されました。 160625_川北勉強会(105)

講師:川北秀人氏

 講師となった川北秀人氏は、島根県雲南市の地域自主組織制度を立ち上げ当初から支援されました。また、IIHOE【人と組織と地球のための国際研究所】代表者兼ソシオ・マネジメント編集発行人でもあります。 今回、講師の川北氏には、終日速川地区を知ってもらうため、床鍋の藁細工をはじめ、普段は立派な先生を招待しないようなディープな 池田食堂 /blog/1159 でのランチや、 床鍋鉱泉 /blog/685 での入浴体験までして頂きました。 160625_川北勉強会(100)

床鍋の藁細工工房での見学 川北先生には、しめ飾りと亀の藁細工をお買い上げありがとうございました

160625_川北勉強会(101)

冒頭のあいさつ この後あっという間の2時間の講話 講話内容は、

  • 2020年後の世界、日本はどうなる?
  • 人口密度よりも○密度
  • 自治会・町内会は、行事を減らして→○○事業を
  • 協働から総働くへの転換
  • 多くの人を巻き込むためのポイント

 などなど、大変勉強になりました。富山の小さな集落では、まだまだ年配者の意見が強く若い世代の意見がなかなか発言しにくい環境がみられる。このような勉強会は、有為機であり各地域で是非行ってほしいし、その時には私の住む仏生寺地区でも来てほしい

160625_川北勉強会(102)

勉強会の様子

 年配の男性だけではなく、幅広い世代の女性や今年度速川地区に訪れる金沢大学インターン生も参加。

氷見では、女性が、こういった勉強会やセミナーに参加していただけるのは、非常に珍しいことです。

速川地区では、女性が地域をもりあげようと頑張って輝いている富山でも数少ない地域です。

 

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート