平成の里山は半農半Xのスローライフ/令和の田舎暮らしは、百姓→百商→マルチノーカーで最低年収250万円

     

1995年頃に塩見直紀さんによって提唱された「半農半X」という生き方は、自給と現金収入を得るためのナリワイ(X)を組み合わせた働き方・生き方を指し、兼業農家とは似ているようで異なる、その当時は新しい概念だった。

半農半Xが可能な業種は、

カメラマン、ライター、WEB関係、

現金収入を得るためのナリワイは、農村で暮らす前のスキルによるところが、大きい。

1
シェア
ツイート