山菜図鑑/フキノトウ雄花雌花見分け方・美味しい食べ方

氷見の里山のあちこちで1月上旬から4月中旬までフキノトウが採取出来ます。

雄花と雌花、どちらを摘み取ってもよいのですが、 山菜採りの名人曰く 雌花のほうが苦くない。蘊蓄として覚えておいてね。 しかし、雄花でも美味しく食べられる方法があります。そのあたりは、下段に記載しています。 130331_フキノトウ1

160409_フキノトウ (3)

雄花

【雄花の特徴】 1 雄花は小花が隙間なく並んで、球形になっている。 2 色は黄色 3 大きくならずに枯れる 130331_フキノトウ2 160409_フキノトウ (1)

雌花

【雌花の特徴】 1 雌花は小花の間に隙間があり、いびつな形である。 2 色は白っぽい、またはムラサキ 3 大きくなりタンポポに似た種子を飛ばす   【結論】  山菜として好まれるのは、雄花か雌花か、人の好みによって 異なる。 実際に食べてみると、若干雄花の苦みが強いようにも思われる。   【お得情報】 フキノトウをつぼみで召し上がる人が多いが、実は、10~15センチくらいになっても美味しく召し上がれる。花芽を取って、葉や茎を天ぷらやフキノトウ味噌で調理。 伸びたフキノトウは、えぐみがあるので、敬遠されるが、花芽を摘み取りさえすれば、新芽よりも苦みが少なく、美味しい。是非試してください。

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート