春の七草・ばあちゃんからの頂き物、セリの卵とじ簡単男の料理

     

正月明け、氷見の里山では、雪の少ないところで、

フキノトウ

が顔を出します 以前いた大長谷地区では、早くても3月に顔を出していたので、標高が小さな氷見でのメリットであり   驚きです そんなことがあったので、私の住む脇之谷内のばあちゃんに、フキノトウが出ているから もしかしたら、セリが出ているかと伝えたら、 ばあちゃん、セリを見に行ってくれ、ついでに蕪も頂きました。 以前大根も頂いていたので、

春の七草

セリ、スズナ(蕪)、スズシロ(大根)

の3つがそろったことになります。 170106_セリナズナ圧縮

頂いたセリと蕪

 

他の春の七草、

ナズナ(ペンペン草)、はこべら、ゴギョウ、ホトケノザ

も身近にあるでしょう。今度画像撮ってきます。  

【簡単男の料理:セリの卵とじ】

170106_セリ卵とじ圧縮

セリの卵とじ 完成品

【材料】

  • セリ1束
  • ちくわ1/4本(お好み)
  • 卵2個
  • 白醤油

【料理方法】

  1. セリを水洗いして、ごみの処理をする
  2. 3~5cmほどでざく切り(根っこも香りがあるので、そのまま使う)
  3. ちくわを炒め火を通す
  4. セリを投入し、炒める
  5. セリに火が入ったら白醤油を入れる
  6. とき卵で絡める

出来あがり(●^o^●)

蕪(スズナ)は、葉と蕪を昆布と一緒に漬物にしました

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

シェア
ツイート