広辞苑に記載がある七つ星☆超高級魚・氷見イワシ/神代鮮魚店

氷見いわしは、乾燥させたマイワシ『干鰯(ひいわし)』 昭和30年第1版の『広辞苑』に記載されているほど全国的なブランド。 160308_神代イワシ干物(105)   氷見漁港で獲れた新鮮なマイワシを加工した干鰯は、身が締まって、色・艶・風味がしっかりと整っているため、全国に知られる逸品です。 マイワシは、背部が青緑色で、体の側線がなく、代わりに七つの黒点が並んでいるので“七つ星”と呼ばれています。 160308_神代イワシ干物(102)

マイワシの干物

氷見の人は、イワシが大好き。春に捕れるマイワシの干物、 神代鮮魚店では、人気商品で、あっと言う間に品切れになっています。   神代鮮魚店でマイワシの干物、毎日作っているのでは、ありません。 旬の時期に大漁になった時のみなので、最近は、マイワシの漁獲高が減り、超高級魚になりつつあります。

氷見市仏生寺は、魚食が盛ん! 今でも魚屋さん(神代鮮魚店)が、自宅(仏生寺)に魚を届けてくれる。 朝獲れの魚の美味しい刺身や珍しい魚の調理方法で、昔から魚食が確立されている。 是非、あなたも氷見の魚を、自分の眼で買いに行き、堪能してみませんか?  神代鮮魚店にご案内します。

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート