美味しい田舎のかぶら寿司/高級ブリは使いません

【かぶら寿司】とは

かぶら寿司(かぶらずし)は、かぶらに切り込みを入れてブリやニンジンなどを挟んで発酵させたなれずし。石川県の加賀地方産のものが全国的に有名だが、富山県西部など、能登地方を除く旧・加賀藩の地域で広く作られる。

ウィキベディアより

冬の頂き物・かぶら寿司

先日近所のばあちゃんから頂いた。 160204_蕪寿司 (1)圧縮

鯖のかぶら寿司

ばあちゃん曰く、 のかぶら寿司は、食べやすく、私は好き』 ブリのかぶら寿司は、市販でよく出回っているが、ははじめて 見の漁港で獲れた身が締まって上等なのがのったと、ばあちゃんのつくったの甘みがなんとも言えないおいしさを引き出す。 ばあちゃんの言葉とおり、

のかぶら寿司

が癖になりそう(●^o^●)  

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート