氷見の山菜/ヨシナ、ニラ、ウド、三つ葉

氷見の山菜

160501_山菜圧縮

左から、ヨシナ、ニラ、ウド、三つ葉

 ニラは、山菜ではないが、氷見の田んぼや畑の畔に多く栽培されている。

 今回採取したニラも、畑の畔で自生していたもの。

 ヨシナは、正式名称は、ウワバミソウだが、このあたりでは、ヨシナと呼ばれている。また地方によっては、ミズナ・カタハ・赤ミズとも呼ばれている。

 ウドは、山菜の王様。すべて食べられる。セロリのような味わい。

 三つ葉。天然もの。氷見の里山では、三つ葉の自生が多い。太く1本だけでも強烈な香りがする。

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート