珍味・コリコリ食感の希少部位/天然ブリのフト(食材の宝庫富山県・氷見市の魚屋さん・サービス品)

     

天然ブリフト(ブリの胃袋)

天然ブリのフトは、

ブリの旨みとコク、とコリコリとした歯ごたえ

1本のブリから取れる量も限られており、

さらに鮮度が悪くなると不味くなるので

当日獲れたブリの内臓をすぐに調理しなければならず

都会には出回らない地元の極一部の人だけが知っている高級珍味

通の人にはたまらないな希少部位の食材

天然氷見寒ブリのフト

  神代鮮魚店で刺身を購入して、おまけのサービスで戴きました(●^o^●)

 

 

【神代流・ブリのフトのコリコリ塩焼き】

神代さんに教わったレシピは、

・ブリのフトを、15~20mm程度に切る

・ニンニクをフライパンで炒めてからブリのフトを塩焼きにする

・焼き上がったブリのフトは、大根おこしとあえて戴く

 

焼き上がったブリのフト

 

実際に食べてみたら、なんとも言えないコリコリ感。

大学時代に食べた静岡県で食べたマグロの酒盗に似ている。

マグロの酒盗も胃袋を塩漬けしたものだから、似ているのかもと納得。

しかし、塩焼きにしたブリのフトコリコリ感は、酒盗では、ない食感だった(個人的な感想)。  

画像は、ホルモンの如く切っていますが、後日神代さんに頂いたフトの塩焼き

幅3mm程度に切ってあって、食べやすかったので補足します。

 

不味かった!?ブリのフトカレー

2015年氷見カレー学会で、このブリのフトを使ったカレーが考案されました

(きときとひみどっとこむ>きときとひみブログ>氷見カレー冬編~氷見ブリのふと入りカレー)
※現在は、このページは、廃止。ブリのフトを使ったカレーも今は、販売されているのか聞きません。

当時のカレーブームにのっかり、作ったと思われますが、

定番商品になるだけの味が消費者には受けなかったと推測される。

 

 

氷見市仏生寺は、魚食が盛ん

今でも魚屋さん(神代鮮魚店)が、自宅(仏生寺)に魚を届けてくれる。

朝獲れの魚の美味しい刺身と珍しい魚の調理方法で、昔から魚食が確立されている。

是非、あなたも氷見の魚を、自分の眼で買いに行き、堪能してみませんか?

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

シェア
ツイート