地元民が愛する魚料理が魅力の民宿6選との連携&女将の拘り味噌汁の話し

先日、氷見の民宿の女将(おかみ)でつくる

「ひみ活性化推進サークルRyu」

の皆さんと、7月26日に勉強会を開催した。 RyuのHPは、こちら ryu → ひみ活性化サークルRyu_http://shoryudo-himi.com/  

Ryuと連携を行いたいと思った経緯は、 昨年、せっかくウオークを行った際に、関東や関西から参加されたお客者の多くから

『氷見の民宿って知らない』

の声が多数聞こえたからだ。

そこで、 10月20日のせっかくウオークの参加者で、グループ参加での場合、 宿の斡旋をお願いし、心良く引き受けてくれた。

  ※せっかくウオークの案内はこちら →石川・富山の歴史を実感/参加者・受入地域大満足の都市農村交流ウオーキングのお知らせ(せっかくウオーク・キトキトウオーク/blog/13006

 

  【勉強会】

 勉強会で、民宿の女将さんの多くは、地域おこし協力隊が何をしているのか知っておらず、 地域おこし協力隊の活動内容についても述べさせてもらった。 今回、1時間という短い時間帯での、勉強会だったため、 下記内容でのお話を上げたことろ、

  1)初心者向けSNSでの拡散方法

2)意外と知らないFacebookの使い方

3)宿泊業と地域連携

4)上手くやる補助金・助成金活用方法

  3)の宿泊業と地域連携に関心があるとおっしゃってくれて、以外にビックリでした。

 

170726_Ryu (8)圧縮

熱心にお話しを聞いてくださるRyuの女将さん

 

 県内では、宿泊業者と地域が連携をしている地域は、少ないですが、 全国的には、地域と宿泊業者や観光業が連携し、その地域に留まる時間帯を長くしているところは、多いです。

 せっかくウオークを皮切りに、今後地域と宿泊業者が連携出来る仕組みを徐々に作って行き、 氷見の活性化に繋げてゆきたいです。 上記内容での説明、ご要望があれば、ご説明にあがります。ご連絡お待ちしています。  

 

【雑談・氷見の民宿 こだわりの味噌汁】

勉強会の中で、ひょんな事から、味噌汁の話題になった。 女将さんたち曰く、

お客様に出す味噌汁は、 1つ1つ、料理を出す前に作って提供する

とのこと

煮詰まった味噌汁を出すのは、ご法度だそうです。

 他県にいったら、煮詰まった味噌汁が出ても普通のように感じていたが、

氷見の民宿の女将さんたちの拘りは、すごい。

 魚料理が美味しいのは、理解していたが、味噌汁にも・・・敬服。

 ここまで拘るから氷見の方々に愛され、 同じ市内でも、地元の民宿のリピーターになって、 利用され続けているのだと思った。

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート