里山で障害ある人と協働作業で雇用創出・地域に溶け込み農福連携始まる

富山県では、まだまだ障害者が働く場所が限られているように感じる。 そこで、脇之谷内里山づくり実行委員会では、 平成29年8月18日より、地域の特産であるキムチづくりの原材料となる白菜を、 障害者福祉サービス事業所b-らいふかんぱにーと連携して作業を始めた。 b-らいふ から来てくれた、障害者の皆さん、すごく元気で、 初日当初から元気いっぱい 受入地域のお母さんたちも、笑顔でニコニコ応対して教えてくれた 170818_b-らいふ白菜種植え(107)圧縮

8月18日(金) はくさいの種植え

8月25日(金) はくさいの種植え2回目 この日は、地域のばあちゃんとbらいふ 著者は、東京研修で出張中

8月29日(火)、9月1日(金) 畝立て作業

170905_白菜苗植え(103)圧縮

9月5日(火) 苗定植 この日は、新聞各社が取材

170906_bらいふ富山新聞圧縮

9月6日(水) 富山新聞朝刊

170906_bらいふ北日本圧縮

9月6日(水) 北日本新聞朝刊

170906_bらいふ北陸中日assyuku

9月6日(水) 北陸中日新聞朝刊

 脇之谷内里山づくり実行委員会では、これから農福連携で新たしい地域のあり方を創っていきます。

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート