新鮮な魚と温泉が楽しめるお勧めなお宿/美岬

ブリの看板が目印、氷見市阿尾地区にある民宿美岬(みさき) 民宿といっても、6階建てのコンクリート構造。 フロントは、2階にありますが、解り辛いですが、1階奥にもエレベーターがあります。 階段の上り下りが気になるお年寄りに優しく、部屋もトイレも浴室も綺麗に行きとどいて、女性にも優しい。 ビジネスホテルで7千円で、夜朝食を外食するならば、料理の質・量から言ったら、断然お得です。  

【外観】

171020_美岬(152)

ひみ阿尾の浦温泉元湯 粋な民宿_美岬の外観

171020_美岬(157)

ブリの看板が目印

【夕食】

夕食は、10品とデザート1品

171020_美岬(102)

部屋の様子 夕食 この日は、宿泊場所とは別の部屋で、夕食を用意して下さいました

171020_美岬(103)

夕食の始めのセッティング 前菜、かに鍋、まったけご飯が容易 料理が美味しく、かに鍋の料理を撮るのを忘れています

ここから、順次料理がどんどん出て来て、女性だと完食される人は、 よっぽどの大食い(●^o^●)

171020_美岬(107)

前菜の自家製心太(ところてん) 天草は、もちろん地元氷見産

171020_美岬(113)

サワラの焼き物

171020_美岬(117)

氷見牛の蒸し焼き

171020_美岬(114)

旬の天ぷらと酢の物(カニ)

171020_美岬(121)

マッタケご飯 美岬のご飯は、氷見の里山の拘りのお米 氷見穂波 氷見穂波も美味しいですが、自分で言うのもなんですが、脇之谷内のお米も 同様に美味しいと改めて実感(●^o^●)

171020_美岬(119)氷見の隠れた名産 氷見うどん 冷たくぶっかけ 白エビと椎茸の出汁が上手い

171020_美岬(122)〆のデザート 黒ゴマアイス もっちりしてなめらか

【朝食】

朝食は、大広間で頂きまいた。今日は、すり身の味噌汁。

クラゲを入れたノリは、食感がよくこれまた美味。

昨夜あれだけ食べたのに、朝からご飯と味噌汁を3杯おかわり また太る・・・・・(-_-;)

171020_美岬(141)

朝食会場の大広間 膝の悪いお年寄りにも優しいテーブルで用意

171020_美岬(143)

朝食メニュー

171020_美岬(144)

みりん干しは、氷見産

171020_美岬(145)

朝からイカ刺し 甘くて美味しい

171020_美岬(147)すり身の入ったお味噌汁 これまた上手く3杯おかわり(●^o^●)

【内館・2階フロント】

171020_美岬(150) 2階フロント

171020_美岬(125)

内館の廊下

【お風呂】

5階にお風呂があります。 男女別で、内湯1、外湯1 シャワー完備 美岬の温泉成分は、 ナトリウム-塩化物泉で42度で設定されている 171020_美岬(126)

お風呂の入り口

 

171020_美岬(137)

浴室 洗い場 と 内湯

171020_美岬(132)

外湯 阿尾城後が目の前 海越しに高岡市や射水市の街灯りが見える 晴れていれば、立山連峰が望め圧巻

【トイレ】

トイレは、各階部屋の外にあり、綺麗に行き届いていました。

171020_美岬(124)

トイレ

【おわりに】

地元に愛されている氷見の民宿。 どこのお宿も美味しい料理を提供してくれます。 食事・特に魚にうるさい氷見っ子にとっては、どこの民宿でも当たり前のことであり、低価格でありながら切磋琢磨されています。 市外の人からみたら贅沢な驚きです。 私自身の感想ですが、他県の宿で、この値段で宿泊し2食ついてのコストパフォーマンスは、びっくり驚きです。 また、知られてないところで、お味噌汁は、拘っており、2度温めをせず、その都度味噌汁を出されていると聞いています。手間隙愛情が入っています。  

【民宿美岬の地図】

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート