氷見市地域おこし協力隊(稲垣)・田舎暮らし週間活動報告(9月第2週)富山で移住定住

     
週に1回の協力隊活動報告。 地域おこし協力隊は、国の制度で最長3年間の任期。4年目以降は、その地に残るために会社に入るか起業家になる選択肢がある。 総務省が平成27年度に実施した調査では、4割の人たちが地域から離れている。富山県では、恐らく5割、過半数以上が定住に結び付いていないと思われる。 他県よりも定住率の悪さには、様々な原因があると思われるが、1次産業(農林水産業)を軸にした定住を目指すことは、並大抵ではない。けど、地域おこし協力隊制度に頼らず農業を中心に、里山で誰もが続けて定住出来る仕組みをなんとか作っていきたい。本週間活動報告は、その備忘録も兼ねている。 最新の里山担当・氷見市地域おこし協力隊 稲垣信志 の週間活動報告はこちらからクリック願います(●^O^●)

↓ ↓ ↓

20_氷見市地域おこし協力隊活動報告

平成29年9月11日(月)から9月17日(日)までの活動

総務省が、地域おこし協力隊員の活動の充実や地域への定住・定着を更に促進するため、地域の課題解決や地域活性化に向けて、地方自治体の支援のもとで起業に取り組む隊員又は隊員OB・OGの取組みをモデル事業として採択し、委託調査事業として実施する「地域おこし協力隊ビジネスアワード事業」の提案書類を作成・提出した。提出したのは、氷見市でも私のみであり、もし採択されれば、北陸で初めてになる。結果は、10月に乞うご期待。 書類提出後、農作業に没頭。農業での起業、本当に難しいと改めて実感。 石川啄木の歌詞  はたらけど  はたらけど猶わが生活楽にならざり  ぢっと手を見る  『一握の砂』 を口ずさんでしまう・・・ 170911,12 170913,14 170915,16 170917 ※   は、副業や居住地域での奉仕活動等のため、業務時間外   170912_白菜農薬 (4)圧縮

9月12日(火) 白菜畑の様子 害虫被害にあう

170913_籾摺り(101)圧縮

9月13日(水) 籾摺り 脇之谷内の新米出荷準備

170915_bらいふ (1)圧縮

9月15日(金) b-らいふかんぱにーと農作業

170917_草刈り片田 (1)圧縮

9月17日(日) 田んぼの畦の草刈り

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート