危険!★ネットで販売を考えると失敗する!

     
田舎のおっちゃんらは、商品を インターネットで掲載したら、売れると勘違いしている この発想は、限りなく危ない! 今の世の中、本当に多くの情報がインターネット上にある 例えば、「お米」だけで検索したら、2千万件ものキーワードがある。 そこから、自分の商品を上位に表示させるには、普通にネットにアップしてもあがるわけええはないので難しい。 お米の中で、自分の特性と検索エンジンにヒットしやすい仕組みが大事である。 これをしっかりと理解し、実践している人は、きわめて少ない。 私自身は、これを10年前から実践してきている 数少ない実践派WEBディレクターである。 本日は、少しだけその内容を本ブログに記載しました。 詳しいことをお聞きになりたい方は、メッセージをください。  

検索エンジン

インターネットで、あるもの(言葉)を検索する場合、そのもの(言葉)を検索する場合に、使われるのが検索エンジン。 この検索エンジンにヒットしなければ、せっかく自分が提供する商品をネットにあげても、第三者に知られることはない。 田舎のWEB関係者は、デザインを重視し、作ったホームページ等も見栄えばかりを気にして、本当に宣伝効果を発揮するような仕組み、仕掛けを本気でやっているWEB関係者は、本当に少ない。 富山県内で、これを意識している人は、どれだけいるのかわからない。 私自身は、決して上手なデザインを製作ではないが、WEB集客・SEOに拘っており、実際にその効果が半年程度で出てきている。 URLは、https が常識 2017年頃からいわれていたのがURLをhttpsにすること。 2018年から、googleでの検索では、htppでは、まったく検索にひっかからない。 私自身の本HPも一気に検索にひっからなくなった もともと3年もたったので、リニューアルしようと思っていたところだったので、 今改訂中である。 まだ、自身のホームページがhttpで始まるのであれば、早急にhttpsに変えたほうがよい。 ただ、上記のように、ネットでの集客をあまり意識していないのであれば、補助金等を活用して、集客できるホームページを作り上げたほうがおすすめです。 私自身副業のWEB製作を行っています。今年度は、難しいですが、来年度に向けて新たなホームページの改訂等のご要望があれば、是非ご相談ください。

画像と文章は、関係ないけどアップ

 

【ネットでの購買率】

インターネットでの購買率、アフェリエイトの人たちは、ネットだけで年商1千万円とか、業績が2倍になったとか説明をしているが、地域活性化につながる商品や、農作物であれば、そんなに期待をしないようがよいと私は思う。 ネットでの購買率は、せいぜい5%。10%もあればすごいことである。 ただ、ネットを通して知名度や信用度があがるので、WEBが必要であると考える

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート