田舎暮らし/軒下・瓦修理

は、百の姓を持つ=たくさんの仕事が出来る人 という意味から由来している。 事実、里山の百姓(農家さん)は、様々なことを起用に出来る 今回は、脇之谷内の大工職人・まさじさんのお手伝いについて

脇之谷内の大工まさじさん

 

納屋の軒下 瓦が割れて軒が腐食

  屋根で作業する前に、事前に専用金具で足場を確保 瓦を上げて、瓦桟に専用金具を取り付け

瓦用専用金具

足場完了

まさじさん、足場を確認しながら、傷んだ桟木を撤去し、新しく垂木を取り付ける

野地板、瓦桟を取り付け後、瓦を設置

補修完了

  古民家、中古の木造建築の家を購入する際には、瓦の取り付け年数も確認 瓦の張替えは、50年程度だとも言われている。 また、北陸で雪の多い場所では、春先に瓦の確認を行ったほうがいよい。 たいてい10枚程度は割れており、瓦屋さんに委託するか、自分で葺き替えが必要   【地域おこし協力隊制度と田舎暮らし】 2018年現在富山県内では、11地区47名の地域おこし協力隊が存在するらしい。 残念ながら富山県内の地域おこし協力隊の活動の大半が、上っ面の移住コンシェルジュだったり、役所の雑用係だったりする。 地域を活性化させるための地域おこし協力隊だから、このような雑仕事は、ある人から言わせたら違うのかもしれないが、全国での地域おこし協力隊の隊員の中で、その後も地域に根付いた人々の多くは、自分の家のある程度の修繕くらい出来るような逞しさがないと、なかなか地域には溶け込めない場合が多い。 なぜなら、田舎で暮らす人々は、自らが何でもするし、逆にしないと半人前扱いで、地域からの依頼や信頼も得られない場合があるからだ。 いきなり、1人で瓦の修繕は厳しいが、もし機会があるなら、是非瓦修繕にもチャレンジしてみて欲しい。ただし、その場合、安全確保を怠らないように。地域の人の中でも、高齢化に伴い、若い時は出来たものが出来なくなったり、安全確保を怠り、やんちゃな段取りで済ませる人も少なくはない。    

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート