急斜面の草刈りポイント

平成29年9月24日(日)6時から仏生寺地域の活動、ひみラボ水族館(旧仏生寺小学校)の草刈りに行ってきました。 2年前は、おぼつかなかったですが、2年経って、今では、斜面専属で草刈りを行っています。そこで、諸先輩方のアドバイスをもとに、実際に急斜面での草刈りのポイントを示します。   【急斜面の草刈りのポイント】
  1. 足場を確保するために、急な斜面の草刈り時には、スパイク付きの靴を履く。
  2. 険しい斜面の草刈りは、草の重みがあるので、斜面下側から草刈りを斜面上側に向かって行う。
  3. 刈払機の進行方向は、斜面向かって、右側から左側に進む。そうすることで、草が自然と低い側に倒れる。
  4. 複数人で行うときは、ゆとりをもった作業半径を確保するとともに、上下作業は、行わない。
  5. 雑草の背丈が高い時は、雑草の上半分で一度刈り落とし、二度目で根元を刈り込みをする2度刈りを行うほうが、抵抗もなく、安全である。
170924_仏生寺小草刈り (1)圧縮

斜面の下側と上側

170924_仏生寺小草刈り (3)圧縮草刈りの進行方向と上下並行作業の禁止

年配の方は、手慣れて草刈りを行うが、若い世代への引き継ぎが出来ていない。

今後、急斜面での草刈りの人足不足が深刻な問題になってくる。

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート