夏のお中元/氷見の特選ブランド3品(稲積梅・床鍋の古代米・脇之谷内米)

氷見に豊かな海がある訳は、豊かな山があるからだ!

これまで、海ばかりPRされてきた氷見市

氷見の農山村で作られている自信をもっておすすめ出来る生産物

・梅干し、梅ジャム・梅シロップ何にしても美味しい稲積梅

・ふっくらもちもち、魔法と古の床鍋の古代米

・山からの一番水で作られた愛情・手間暇たっぷり脇之谷内米

小ロットの為都会では購入不可能、今の時期限定!氷見里山農産物特選3選、

私自身が携わったチラシと一緒に夏のGIFTで友人に送らさせて頂きました

(3000円から5000円相当)

私自身も携わっている氷見の里山3商品

 

【稲積梅】

富山県指定種の稲積梅は、氷見市稲積梅で発見された梅

果肉が厚く、種が小さいのが特徴

氷見特産稲積梅生産組合では、稲積梅の品質管理基準を設け、

農薬回数年3回(通常の1/3)、有機肥料で栽培

エコファーマー認定を受けている

詳しくは、
https://www.himiinazumiume.jp/about

 

【床鍋の古代米】

 

昔から床鍋地区の副業として続けられてきた藁縄づくり

藁縄づくりの技術を30年前に高岡御車山のしめ縄づくりを製作したのをきっかけに

床鍋の藁細工づくりは、はじまった。

藁縄に使われているのは、緑の古代米

通常のお米に比べて、藁の背丈が長い分、1本1本を藁縄を編むのに適している

古代米で作られたおはぎは、もち米と違った、もちもち感が何とも言えず絶品

古代米は、通常の炊飯1合に小さじ1杯程度をお米に混ぜてたけば、さらにふっくらともちもちとした食感に変わる。

 

【脇之谷内米】

氷見の里山は、粘土質が多い。粘土質の圃場は、昔から美味しいお米がとれると言われている。

そんな粘土質の土壌を持ち、山からの1番水で作られているのが、脇之谷内のお米

詳しくは、
食味値91点の高評価!美味しいお米富山県産氷見市里山のコシヒカリ
/blog/13436

 

【氷見里山ブランド化戦略】

ブランドとは、

製品につける名前、または名前がついた特徴ある製品

昨今人々が言うブランドとは、他と区別して価値の高い製品のことを指す場合が多い。

多くの分ランド品は、名前ばかり優先し、生産者と消費者の距離感がつかめないものが多いが、

私自身が氷見市の里山で携わっている生産物は、

都市農村交流イベント・体験を通して、生産者と消費者をつなげている

都市農村交流イベントで地域の人々に無料奉仕のボランティアは、行っていないが、決して高額を支払える現状では、まだない。

最低限かかる経費の参加費を頂いているが、参加者の皆さんはいつも大満足の方々が9割以上を越えている

都市住民の人々が、自宅に帰って友人・知人に口コミで、さらに商品をPR、リピーターとなって、次回以降のイベントにも参加くださる

毎回参加人数は、20名程度で行われているが、小さなことの継続を行って、3年

小冊子を作れるまでにいたり、今では都市農村交流体験に携わった人々は、1200名を超える

氷見市の小さな里山ではじまった氷見里山ブランド化

地域の人々がこれまで頑張ってきたものを、地域おこし協力隊として裏方で都市住民に宣伝・情報発信・イベント企画運営

という形でお手伝いさせていただいている。

生産者も消費者もどちらも主役で、どちらもお互いを思いやりをもって作られる関係と商品

即効的な効果はないが、じわりじわりと、今氷見里山のブランド化は歩き始めている

氷見の里山の生産物をプレゼントしたい場合、お気軽にご連絡・ご相談ください

他では売られていない氷見里山ギフト3000円~5000円相当を配送します

 

 

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、氷見・富山の情報が多くの人に広がります。
『ポチっと、クリック』ご協力願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ

にほんブログ村

1
シェア
ツイート