Have an account? Sign in or Sign up

Monthly Archives: 9月 2017

ひよっこ・最終 米づくりの実体長時間残業・重労働!地域の先輩方に聞いた60年前の稲刈り(氷見の里山編)

NHKの朝ドラ「ひよっこ」、もうすぐ最終話で、終わってしまいますね。 奥茨城での米作りも手作業で美談のように映し出されていますが、実際の農家さんたちの苦労は、半端ない。 2017年現在、70歳以上の先輩方が、小学生や中学生だった頃の1950年代(戦後昭和20年代頃)の稲刈りの様子を聞くことが出来ました。 170920_稲刈り深田 (3)圧縮-1 今から60年前の氷見の里山の子供たちは、稲刈り時期は、学校を終えた後に、自宅に帰っておやつとして味付けなし、素材そのままの蒸かしたジャガイモやサツマイモを食べてから田んぼに出かけたそうです。時には、床下に保存してあったジャガイモやサツマイモを生のままかじっていたとも聞きます。それだけ食糧難だったとのことです。 おやつを食べた子供たちは、山間の田んぼに向かいます。今のように整備されてない人がやっと通れる道を登ります。場所によっては、登るだけでも一苦労するようなところもあったようです。 170402_山道散策 (6)圧縮

今も残る昔の人が1人通ることが出来る山道

 山の田んぼに到着した子供たちは、稲刈りをしたり、藁を運ぶ作業を行ったそうです。今は、コンバインが、稲刈りから脱穀までをしてくれますが、その当時は、全て手作業です。 ハサガケを田んぼですると、天候によっては湿ってしまうので、お米のついた藁を子供から大人まで自宅近くに運び、夜にはさがけを行っていたそうです。 小学6年生くらいの男の子だと、40kg程度の藁を担ぎ山の田んぼから自宅ちかくのハサカケ場所まで運んだらしいです。子供でもりっぱな人足として働かなくてはならなかった時代、藁を運ぶ作業は、背負子(しょいこ)で藁を運ぶがしっかりと固定されることがなく、背負子と肩がずれるので、「肩が痛くて大変だった」と語ってくれました。また、稲刈り時期の農作業は、深夜近くまで続き、大変な重労働だったらしいです。 170924_稲刈り(134)圧縮-1 ですから、家の人が、娘には、『絶対農家の嫁になるな』と親が娘に話していたそうだとか・・・。また、嫁ぎ先の条件でも、お嫁さんが、米作りをしないことを条件にされて嫁いだという方もいらっしゃるほど、昔の米作りは、大変なものでした。 170903_稲刈り (106)圧縮 今回先輩方が話してくれた、山の田んぼも大変ですが、氷見市の街中の地区である十二町潟付近での米づくりは、今のような排水処理場がなく、常に水があって、小舟を出して、稲刈りをしていたそうです。それだけ、水が多く、苦労されていたらしいです。...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

急斜面の草刈りポイント

平成29年9月24日(日)6時から仏生寺地域の活動、ひみラボ水族館(旧仏生寺小学校)の草刈りに行ってきました。 2年前は、おぼつかなかったですが、2年経って、今では、斜面専属で草刈りを行っています。そこで、諸先輩方のアドバイスをもとに、実際に急斜面での草刈りのポイントを示します。   【急斜面の草刈りのポイント】
  1. 足場を確保するために、急な斜面の草刈り時には、スパイク付きの靴を履く。
  2. 険しい斜面の草刈りは、草の重みがあるので、斜面下側から草刈りを斜面上側に向かって行う。
  3. 刈払機の進行方向は、斜面向かって、右側から左側に進む。そうすることで、草が自然と低い側に倒れる。
  4. 複数人で行うときは、ゆとりをもった作業半径を確保するとともに、上下作業は、行わない。
  5. 雑草の背丈が高い時は、雑草の上半分で一度刈り落とし、二度目で根元を刈り込みをする2度刈りを行うほうが、抵抗もなく、安全である。
170924_仏生寺小草刈り (1)圧縮

斜面の下側と上側

170924_仏生寺小草刈り (3)圧縮草刈りの進行方向と上下並行作業の禁止

年配の方は、手慣れて草刈りを行うが、若い世代への引き継ぎが出来ていない。

今後、急斜面での草刈りの人足不足が深刻な問題になってくる。

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

氷見市でランチ(椎茸昆布出汁のうどん350円)&お土産屋さん・おらっちゃの店

氷見市阿尾、国道160号線沿いにあるランチ&農産物お土産屋さんの

『おらっちゃの店』

150828_%e3%81%8a%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%ae%e5%ba%97-21%e5%9c%a7%e7%b8%ae

おらっちゃの店の外観

 阿尾を中心とした野菜や加工品の販売の他、このお店で頂ける定食関係の食材は、全てオーナーのお母さんの手づくり。 お勧めは、うどん! うどんの出汁は、シイタケ、煮干し、昆布から手間暇かけて採っています。 椎茸、煮干しは、氷見産。 150828_%e3%81%8a%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%ae%e5%ba%97-13%e5%9c%a7%e7%b8%ae

おらちゃの店の素うどん

150828_%e3%81%8a%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%ae%e5%ba%97-16%e5%9c%a7%e7%b8%ae

赤飯とお団子

こちらも、オーナーのお母さんの手づくり 美味です

150828_%e3%81%8a%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%ae%e5%ba%97-17%e5%9c%a7%e7%b8%ae

 

食事コーナーのメニュー

どれも美味しそうなメニューがずらり

150828_%e3%81%8a%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%ae%e5%ba%97-8%e5%9c%a7%e7%b8%ae

地元野菜

150828_%e3%81%8a%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%ae%e5%ba%97-20%e5%9c%a7%e7%b8%ae

営業時間の案内

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

氷見市地域おこし協力隊(稲垣)・田舎暮らし週間活動報告(9月第3週)富山で移住定住

週に1回の協力隊活動報告。 地域おこし協力隊は、国の制度で最長3年間の任期。4年目以降は、その地に残るために会社に入るか起業家になる選択肢がある。 総務省が平成27年度に実施した調査では、4割の人たちが地域から離れている。富山県では、恐らく5割、過半数以上が定住に結び付いていないと思われる。 他県よりも定住率の悪さには、様々な原因があると思われるが、1次産業(農林水産業)を軸にした定住を目指すことは、並大抵ではない。けど、地域おこし協力隊制度に頼らず農業を中心に、里山で誰もが続けて定住出来る仕組みをなんとか作っていきたい。本週間活動報告は、その備忘録も兼ねている。 最新の里山担当・氷見市地域おこし協力隊 稲垣信志 の週間活動報告はこちらからクリック願います(●^O^●)

↓ ↓ ↓

20_氷見市地域おこし協力隊活動報告

平成29年9月18日(月)から9月24日(日)までの活動

稲刈り、籾摺り、新米出荷準備と大忙し。 2年ぶりに籾ガラをくん炭づくりをおこなった。籾ガラをそのまま燃やすくん炭づくりは、これまで行われてきたが、くん炭器を使ってのくん炭づくりは、脇之谷内でも初めてらしく、珍しそうに皆さんに尋ねられる。 出来あがったくん炭は、地区の皆さんにお配りし、沢山野菜や果物を頂いた。田舎での生活で、生産物をお金に生み出すには、本当に難しいが、食うことには、困らない。そんな1週間でした。 170924_秋頂き物 (1)圧縮

くん炭作って、地域の皆さんから頂いた秋の野菜や果物 何種類解るかな?左から時計回りで、 ピーマン、シシトウ、ミョウガ、ナス、ゴーヤ、 ささげ豆、ネギ、サツマイモ、サヤエンドウ 柿、栗 この他にも、かぼちゃ、マクワウリ、イチジク、すぐり菜なども頂きました 皆さま、ごちそうさまです(●^o^●)

170918,19 170920,21,22 170923,24   ※   は、副業や居住地域での奉仕活動等のため、業務時間外   170918_草刈り新開圧縮

9月18日(月) 白菜畑の畦の草刈り

170919_b-らいふ (2)圧縮

9月19日(火) b-らいふかんぱにーと農作業 大根・はくさいの種捲き

170920_稲刈り深田 (6)圧縮

9月20日(水) 稲刈り 台風後、田んぼが水分を含みぬかるんでいる 粘土質の特徴で、長雨があると、水が切れず、手刈り

170924_くん炭づくり(117)圧縮

9月24日(日) くん炭づくり 5回目にして、ようやく品質のよいくん炭が出来あがった

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

氷見市地域おこし協力隊(稲垣)・田舎暮らし週間活動報告(9月第2週)富山で移住定住

週に1回の協力隊活動報告。 地域おこし協力隊は、国の制度で最長3年間の任期。4年目以降は、その地に残るために会社に入るか起業家になる選択肢がある。 総務省が平成27年度に実施した調査では、4割の人たちが地域から離れている。富山県では、恐らく5割、過半数以上が定住に結び付いていないと思われる。 他県よりも定住率の悪さには、様々な原因があると思われるが、1次産業(農林水産業)を軸にした定住を目指すことは、並大抵ではない。けど、地域おこし協力隊制度に頼らず農業を中心に、里山で誰もが続けて定住出来る仕組みをなんとか作っていきたい。本週間活動報告は、その備忘録も兼ねている。 最新の里山担当・氷見市地域おこし協力隊 稲垣信志 の週間活動報告はこちらからクリック願います(●^O^●)

↓ ↓ ↓

20_氷見市地域おこし協力隊活動報告

平成29年9月11日(月)から9月17日(日)までの活動

総務省が、地域おこし協力隊員の活動の充実や地域への定住・定着を更に促進するため、地域の課題解決や地域活性化に向けて、地方自治体の支援のもとで起業に取り組む隊員又は隊員OB・OGの取組みをモデル事業として採択し、委託調査事業として実施する「地域おこし協力隊ビジネスアワード事業」の提案書類を作成・提出した。提出したのは、氷見市でも私のみであり、もし採択されれば、北陸で初めてになる。結果は、10月に乞うご期待。 書類提出後、農作業に没頭。農業での起業、本当に難しいと改めて実感。 石川啄木の歌詞  はたらけど  はたらけど猶わが生活楽にならざり  ぢっと手を見る  『一握の砂』 を口ずさんでしまう・・・ 170911,12 170913,14 170915,16 170917 ※   は、副業や居住地域での奉仕活動等のため、業務時間外   170912_白菜農薬 (4)圧縮

9月12日(火) 白菜畑の様子 害虫被害にあう

170913_籾摺り(101)圧縮

9月13日(水) 籾摺り 脇之谷内の新米出荷準備

170915_bらいふ (1)圧縮

9月15日(金) b-らいふかんぱにーと農作業

170917_草刈り片田 (1)圧縮

9月17日(日) 田んぼの畦の草刈り

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

池田食堂(昔ながらのラーメン)地域に愛されているお店

氷見市速川地区には、飲食店が1件あります。 飲食店の名前は、池田食堂。 池田食堂は、田舎にある懐かしい食堂。 ラーメン、うどん、どんぶり系がメニュー。冬は氷見おでんが頂ける。 是非、ディープな氷見を一度堪能してみてください。 地域の人々に愛され、賑わっています。

田江営農組合でお世話になったお父ちゃん2人

ラーメン 昔ながらの醤油味で、お父ちゃんらが昔から食べ慣れた味

じっくり煮込んである牛筋煮

オニギリ 富山でオニギリといったら、昆布のとろろオニギリが定番

  ...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

秋祭り・お裾分け♡移住者に読んで欲しい失敗しない田舎暮らしのマナー

日本全国、稲刈りと秋祭りの真っただ中。私の住んでいる氷見市も秋祭りが行われています。 しかし、過疎が深刻な地域においては、秋祭りでみこしや獅子舞などを担ぐ人が不在で、神主さんだけが来て、祝詞をあげてもらう場所もめだってきています。それだけ、里山での過疎減少は、深刻ですが、なかなか話題にはなりません。 暗い話は、このくらいで 秋祭りといえば、富山県では、栗おこわが御馳走(●^o^●) 私の住んでいる地域の2軒の方々から、栗おこわを頂きました。 150919_%e9%a0%82%e3%81%8d%e7%89%a91

栗おこわ  ほんのり甘く、おこわ独自のモチモチ感がたまらない ナンテンが上に添えてあるのもオツ

ナンテンは、「難を転ずる」ことから、縁起のよい木とされ、栗おこわの上に載っています。

もう一軒頂いた栗おこわ、お腹が空きすぎていて、画像を撮る前に食べてしまいました(@_@;) 150919_%e9%a0%82%e3%81%8d%e7%89%a94

枝豆 枝豆専用の豆らしいです。 ネットで検索してみても、イマイチはっきり解りませんでした。 種屋さんからも、枝豆用として市販されているみたいです。 味は、美味しく、大豆用の枝豆との違いが、見つけられなかったです。

 栗おこわや枝豆、里山の各家々で作られているが、味も種類も違う場合があります。作り方の秘訣を尋ねてみるので、地域の人々との会話の糸口になりえます。

 農村交流を始めて9年、ご近所さんや知人から野菜を頂けることが当たり前のようになっていて、田舎暮らしをして野菜を頂けることについて、考えてみました。

インターネットで 『田舎暮らしマナー 移住者』 で検索すると、田舎に溶け込めない人が、 田舎に対しての痛烈な批判 が載っていてビックリ

 移住者が田舎を批判する前に、移住者が全く地域の人々の中に溶け込もうとする努力がないように感じます。

 多分、移住者本人は、溶け込もうとする努力をしていると思っているけれど、評価をするのは、地域の人です。

 地域の人が評価しない努力は、単なる移住者の自己満足に過ぎないと判断します。これは、他地域より移住してきた、地域おこし協力隊にも言えることだと私は、思います。

農業

 食べ物や野菜の頂き物、田舎に越してきて、頂ける範囲が多いということは、それだけ、田舎の人とのコミュニケーションが広げている証。

 地域の人々は、移住者に対して歓迎の面と自分たちの地域に貢献する期待度があると思われます。

 貢献とは草刈りえざらい(側溝の泥掃除)どの続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

生物多様な水田で作られたお米の稲刈りと農家の今昔物語 【米づくりの手順】

 脇之谷内営農組合では、コンバインで稲刈りが行われている。また、稲刈り時期は、十分稲穂が実った適期に行われているため、美味しいお米が作られる。 170902_営農脇_稲刈り (122)圧縮  

コンバインでの稲刈りの様子

6条刈 1反5畝を概ね2時間程度 砂地で足場の良い圃場では、作業効率はもっと少ないが、粘土質の圃場で、足場が悪いと作業効率が低下し、苦労が多い。その分手間ひまかけて美味しいお米が育成される。

 区画整理を行って1枚あたりの圃場面積の大きい田んぼや、沢山の圃場面積を有する大型農営農組合の場合は、刈り取り時期を早めにすることで、若く十分に実っていないお米をかりとったり、逆に遅くなると、稲穂が芽を出してしまうことがあるらしい。ただし、選別の際には取り除かれているが、品質のばらつきが危惧される。  

【コンバイン】

 稲の刈り取り、脱穀を一度に行う農業機械。前部にバリカン状の刈刃が備えつけられ、稲を地面に垂直に引き起こしながら刈り取っていく。刈り取られた稲は内部の脱穀機へと送られ、穂先から籾(もみ)だけが自動的に選別される。籾をと選別された稲藁は、粉砕され、その場で散布される。 粘土質の圃場でのコンバインでの稲刈り、8月の水切りをっかりできなければ、泥濘(ぬかるみ)にコンバインが嵌(はま)って、作業効率が悪くなる。 160910_%e7%8c%ae%e7%a9%80%e7%94%b0%e7%a8%b2%e5%88%88%e3%82%8a%e5%be%8c-3%e5%9c%a7%e7%b8%ae

水切りが適切に出来なかった圃場 キャタピラ式のコンバインでもぬかるむ

160911_%e7%a8%b2%e5%88%88%e3%82%8a%e5%b8%b8%e7%94%b0-105%e5%9c%a7%e7%b8%ae

四隅や泥濘(ぬかるみ)がひどい場所は、手刈り作業

 泥濘がひどい田んぼは、手刈りで行われる。最新鋭のコンバインなら、1反の刈り取りスピードは、1時間程度だが、10年前のコンバインなら、4時間以上かかる。まして、これが手刈りとなると、その労働時間は、1日。昔の人は、手刈りでされていたことに本当に頭がさがる。 160916_%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%b3113%e5%9c%a7%e7%b8%ae

新型コンバイン クボタ ER447 クボタが試乗のために持ってきてくれた。 従来脇之谷内営農にあるコンバインよりも性能が1.5~2倍以上効率がよかった

【雑談・氷見の米作り今昔物語】

氷見市の十二町潟付近での米づくりでは、昔、小舟を出して、稲刈りをしていたそうです。それだけ、水が多く、苦労されていたことが解ります。また、多くの農家さんでは、稲刈り時期は、稲刈りを終えた後、夜にはさがけを行い深夜近くまで農作業になっていたと聞いています。 ですから、家の人が、娘には、『絶対農家の嫁になるな』と親が娘に話していたそうだとか・・・。また、嫁ぎ先の条件でも、お嫁さんが、米作りをしないことを条件にされて嫁いだという方もいらっしゃるほど、昔の米作りは、大変なものでした。 手刈り・はさかけ と コンバイン・乾燥機 での お米の品質については、別で報告   【生物多様性の田んぼ・脇之谷内】 手刈りを行っているときに、タニシを発見。タニシも、水をもとめて、移動している。生きるために、水がある場所を察知する能力に感動160915_%e7%a8%b2%e5%88%88%e3%82%8a%e3%82%bf%e3%83%8b%e3%82%b7-9%e5%9c%a7%e7%b8%ae

稲藁の中でひっそりと頑張って生きているタニシ

160915_%e7%a8%b2%e5%88%88%e3%82%8a%e3%82%bf%e3%83%8b%e3%82%b7-7%e5%9c%a7%e7%b8%ae

タニシ

 近年タニシが住めるような環境ではない圃場が多い中、こうやってタニシが生きていく稲にも生物にも優しい環境の圃場が出来るのは、山の綺麗な水を使っている為と適切な品質管理をしている特徴であると言える。    ...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

深刻な問題・農家は、全産業の1.5% 【米づくりの手順・番外編】

2017年9月1日現在、 農業従事者の数は、2017年;182万人(2016年;192万人、2010年;260万人) 農業従事者の平均年齢は、67歳(2010年;65.8歳) 日本の総人口のわずか1.5%(2010年;3%)しか満たない人々によって、お米や野菜や果実といった農作物が作られている。 富山県は、米処。今の時期あちこちで米の刈り取り作業が始まっている。 170902_営農脇_稲刈り (115)圧縮

営農組合脇之谷内の稲刈り

女性人が、コンバインの入り口や、コンバインが刈取れない部分を丁寧に手刈りを行う。近年、大規模な営農組合・小規模の個人農家では、人の手間隙のかかる作業を省略可するために、あえて苗を植えない場合も出てきた。

  普段は、金色に輝いた景色が見られるのだが、近年様子が急変している。 以前は、所々だった、稗や粟。 近年は、稗や粟がやたらに目立つ田んぼが増えてきた。 170826_稗田んぼ (5)圧縮

街中の田んぼ 稲穂の上にヒエが群生 かなりひどい

160818_ヒエの田んぼ (3)圧縮

街中の田んぼ アメリカンセンダングサ? 以前は、こんな雑草を放置されていなかったが、

田んぼの中でも当たり前のように目立つような圃場がどんどん増えてきている

原因は、 ・生産者の高齢化 ・高齢化で辞めた田んぼを営農組合で頑張って米作りを行っているが、労働力が足りずに、稗や粟の刈り取りまで手が回っていない現実。 氷見の平野部の田んぼの各地で目立ってきており、担い手不足は、深刻である。   脇之谷内では、圃場が狭く、田んぼの総面積も小さいので、昔ながらの米作りが、丁寧に行われています。稗や粟などの雑草の摘み取りも、地域の皆さん、通勤前や仕事帰りに行われています。 脇之谷内では、金色の眩い稲穂の日本の原風景が健在です。 160806_脇之谷内縮小

脇之谷内の圃場

 脇之谷内でのお米の全体生産高は、僅か15トンほどしか満たない貴重なお米。 ほとんどが、自家消費であり、一部市場に出荷も氷見市農協と某米店のみで、ほとんど市場に出回っていない。 もし、本ブログファンで、筆者と面識のある方がいれば、2300円/5KGで購入出来ます。 本年度出荷予定は、100袋/30KG(少量販売可能)を予定しています。 面識のない方には、お試し1食サイズ、

コシヒカリ380円(税込) 450グラム入り(3合)

てんたかく330円(税込) 450グラム(3合)

氷見漁港場外市場ひみ番屋街みのりの番屋で、9月下旬から販売予定160914_%e3%81%8a%e7%b1%b3%e7%95%aa%e5%b1%8b-1%e5%9c%a7%e7%b8%ae

脇之谷内のお米(コシヒカリ・てんたかく)

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

氷見市地域おこし協力隊(稲垣)・田舎暮らし週間活動報告(9月第1週)富山で移住定住

週に1回の協力隊活動報告。 稲刈り始まりました。今年は、例年よりも収獲が少なめだそうです。7月末から8月上旬の長雨がたたったと先輩お百姓さんが嘆いていました。(今年の梅雨明けは、例年よりも9日遅い。昨年は、7月19日に梅雨明け) 最新の里山担当・氷見市地域おこし協力隊 稲垣信志 の週間活動報告はこちらからクリック願います(●^O^●)

↓ ↓ ↓

20_氷見市地域おこし協力隊活動報告

平成29年9月4日(月)から9月10日(日)までの活動

地域おこし協力隊は、国の制度で最長3年間の任期。4年目以降は、その地に残るために会社に入るか起業家になる選択肢がある。 総務省が平成27年度に実施した調査では、4割の人たちが地域から離れている。富山県では、恐らく5割、過半数以上が定住に結び付いていないと思われる。 他県よりも定住率の悪さには、様々な原因があると思われるが、1次産業(農林水産業)を軸にした定住を目指すことは、並大抵ではない。けど、地域おこし協力隊制度に頼らず農業を中心に、里山で誰もが続けて定住出来る仕組みをなんとか作っていきたい。本週間活動報告は、その備忘録も兼ねている。 170904,05 170906,07,08 170909,10 ※   は、副業や居住地域での奉仕活動等のため、業務時間外 170904_白菜耕起 (2)圧縮

9月4日(月) 畑の耕起 白菜、大根、蕪を植える予定

170905_白菜苗植え(103)圧縮

9月5日(火) 福祉事業所利用者の方と一緒になって白菜の苗植え作業 詳しくはこちら→里山で障害ある人と協働作業で雇用創出・地域に溶け込み農福連携始まるhttp://www.nomachi.info/blog/15179

170907_白菜溝切り (1)圧縮

9月7日(木) 白菜畑の溝切り 早朝から野菜づくりの名人ばあちゃんが、訪れ 大雨で溝切りを指示され作業を開始

170907_早借草刈り圧縮9月7日(木) 【副業】早借営農・田んぼの畦草刈り 今週末から始まる稲刈りでコンバインが作業し易いように畦廻りの草刈り

170908_地域リーダー養成塾関東ブロック (7)圧縮

9月8日(金) 全国地域リーダー養成塾 関東・甲信越ブロック情報交換会 会場には、100名近くの人々が参加。大きな情報交換会になりました。

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村