Have an account? Sign in or Sign up

Monthly Archives: 10月 2015

無臭ニンニク栽培・種植え/里山暮らし

野菜づくり 先日ご近所のお母さんに無臭ニンニクの種を戴きました。 ニンニクは、10月に種撒きを行い、来年夏に収穫します。 151026_寺中畑01

今年は、農機具が無いため、全て手作業

151026_寺中畑06

                   

今年は、農機具が無いため、全て手作業

四ツ又鍬で畑をおこす

151026_寺中畑08

鶏糞(ぼかしたい肥)を元肥にして、燻炭を撒きだす

151026_寺中畑11

燻炭は、土にすき込まさせる

151026_寺中畑12

無臭ニンニクの種 1粒が太くて大きい

151026_寺中畑14

マルチシートをかけ、ニンニクの種を植える

151026_寺中畑15

100株程度植えました

来年が楽しみ(●^o^●)

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

富山新聞に掲載!『自然,農作業 楽しんで(料理温泉でも魅力発信)』

11月15日(日)に開催される体験イベント 150914_田江12

『サツマイモ収穫と新米で食べる田舎の御馳走』

平成27年10月29日付 富山新聞社 29面に掲載されました。 151029_富山新聞 (2)圧縮 先週からビラでのお知らせを行い、今週は、能越ケーブルネットでのお知らせ

芋掘りイベント・ケーブルテレビで宣伝!イベント集客の段取り/氷見市地域おこし協力隊活動報告

151023_能越TV (2) に続き 富山新聞社での掲載。氷見では、マスコミの皆さんも協力的で、地域との連携・絆がとても強く素晴らしいところだと改めて実感しました。...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

激ウマ!新鮮な紅ズワイガニの焼きガニ

とやま観光未来創造塾の同期の企画書のレクチャーとサツマイモをプレゼントして 新鮮な紅ズワイガニを戴きました。 151024_ズワイガニ (2) 腕の部分をピーラーで剥いたら食べやすいとのアドバイスを戴き、家に持ち帰り、バーベキューグリスで炭焼きで戴きました。 151024_ズワイガニ (5) これからの季節、富山では、ブリもそうですが、蟹も旬になります。 プリプリの焼きガニ(●^o^●)御馳走様でした。  ...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

焼き芋対決!紅はるかVS安納芋

皆さん、速川では、5種類のサツマイモを作っています。 焼き芋や料理にあう 鳴門金時、安納芋、紅はるか 151022_サツマイモ種類 (7) 151022_サツマイモ種類 (3) 151022_サツマイモ種類 (9)

焼酎用の黄金千貫

151022_サツマイモ種類 (2)修正

干し芋用の玉豊

151022_サツマイモ種類 (1)   さて、今回は、自宅のバーベキューコンロで安納芋と紅はるかの2種類のサツマイモを焼き芋にして食べてみました。   151024_焼き芋 (1)圧縮2 安納芋:しっとりなめらかで糖度が高い 紅はるか:安納芋よりも甘くしっとり感もある 甘すぎがお嫌いな方は、安納芋をお勧めします。 しっとり感は、安納芋にも紅はるかにもあります。 ほくほく感が好きな方は、鳴門金時がお勧めです。(※個人差あり) 速川のサツマイモ(10月20日価格・保温養生が必要なため今後変動あり)

安納芋1500円/5kg・箱(税抜き)

紅はるか2000円/5kg・箱(税抜き)

鳴門金時1700円/5kg・箱(税抜き)

金時・安納・紅はるかの三種盛り 1800円/5kg・箱(税抜き)

151023_サツマイモ (1)

151023_サツマイモ (2)

サツマイモ3種盛り 5kg箱詰めサンプル

     ...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

バインダーで稲刈り/氷見市地域おこし協力隊活動報告

地域おこし協力隊活動報告

10月21日(水)くんたん作り (地域の方も感心(●^O^●)目指せ!燻炭職人/氷見市地域おこし協力隊活動報告)

をしながら、床鍋のお婆ちゃんたちと一緒に稲刈りを行いました。 普段床鍋のお婆ちゃん達は、床鍋の圃場のお米で稲藁を作っています。今回は、田江(速川地区の1つの在所)で圃場を提供して下さったUさんの田んぼでの稲刈りでした。 大切な藁を、床鍋のばあちゃんたちは藁細工の原料にします。

稲を刈り取る機械・バインダー

この後の作業状況、一緒に作業に入り、忙しくて画像撮れずに来年に持ち越し

バインダーで束ねた後は、コンバインで籾だけを藁からはずします これも画像無し(>_<)

農作業姿がカッコい、床鍋の婆ちゃん達♡

  151021_稲刈り (8)

本日刈った圃場 古代米だから、色が赤い

古代米は、背丈が長いので、藁を編むのに適している

151021_稲刈り (11)

  今日もおやつは、ポポー

秋の味覚・果物/幻の果実・ポポ―(バナナに似たフルーツ)

  151021_稲刈り (12) 2時間弱で、田んぼ1枚を仕上げました。 床鍋パワー、手慣れて早い! 151021_稲刈り (13)   藁は、軽トラックで床鍋にお持ち帰り 古代米は、自家消費だそうです。販売方法を考えなければ!どなたかアイデアありますか?...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

芋掘りイベント・ケーブルテレビで宣伝!イベント集客の段取り/氷見市地域おこし協力隊活動報告

本ブログの筆者であり、氷見市地域おこし協力隊の稲垣です。 私自身は、大長谷での10年間の苦労と経験の実績があったからこそ、氷見市速川地区での地域イベントでの告知・集客について、通常では考えられないほどのスピードで行っています。 11月15日の『サツマイモ収穫と新米で食べる田舎の御馳走』氷見市役所を初め、富山県農村振興課や富山県観光課及び富山県高岡農村振興センターの行政の皆様。能越ケーブルネット、富山新聞社、北日本新聞社などのマスコミ各社にも協力戴いています。 11月23日、能越ケーブルネットで、『サツマイモ収穫と新米で食べる田舎の御馳走』の宣伝収録をしてきました。今後、他の皆様のために収録にいたるまでの経緯・段取りを伝授します。
  • 11月13日 能越ケーブルネットに宣伝告知の相談
  • 11月14~15日 活性化協議会の理事及び出演者に相談、了承
  • 11月16日 能越ケーブルネット及び氷見市役所に地域合意を得られたことを報告
  • 11月18~19日 スタジオ収録の台本作り
  • 11月20日 台本を出演者に配布
  • 11月23日 収録
  151023_能越TV (3)

スタジオ収録を終えた皆さんと筆者

  151025_能越ケーブル 能越ケーブル 週刊ひみニュース 10月25日~31日まで放送 放送時間は、8時25分頃、12時25分頃、18時25分頃、23時25分頃です 151015_収穫イベント台本(修正案)1510015_1

収録原稿

能越ケーブルでは、地域のイベント案内等スタジオ収録を募集しています。 原稿ネタやノウハウ等、必要あれば伺います。  ...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

地域の方も感心(●^o^●)目指せ!燻炭職人/氷見市地域おこし協力隊活動報告

田舎で農業をする場合、様々なことが出来ないと生活出来ません。 田舎暮らしで、燻炭づくりも大事な現金収入になり得ます。 市場では、100Lを1200円前後で販売されています。

過去ブログ記事 燻炭(くんたん)もみの上手な作り方

151022_燻炭 (2) 今私は、地域おこし協力隊の活動として、週に2回程度燻炭づくりを繰り返しています。 (業務の一貫なので収益はなし。活性化協議会の畑の土壌改良材) 朝から煙がもくもくとあがり、地域の方の長閑な川べりの散歩コース川辺のため、地域の方々とのコミュニケーションが増えてます。 地域の人の質問】

『これ売っているの?』 『偉いね~』 『にいちゃん、どこの人』

【私】

『活性化協議会の畑の土壌改良材です』 『燻炭づくり、勉強になり、楽しいです』 『お父さん、この辺りに住んでいるのですか?』

などなど、よそ者が興味を引くようなことを朝から煙をもくもく出しながらしているので、地域の方々とのコミュニケーションが増えています。 そんな中でも、数人の散歩している人たちから、

『黒くて、質のいい燻炭つくっているね』

151022_燻炭 (4) この言葉を戴いたときは、本当にうれしかったです((●^o^●))...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

相談m(_ _)m藁箒(わらほうき)・あなたなら、どう使う?アイデア大募集(●^o^●)

先日のひみ永久グルメ博で、速川活性化協議会で出品したサツマイモスイーツを手土産にもって、1カ月ぶりに床鍋におじゃましてきました。 いつも素敵で、可愛いお母さんがいっぱいの床鍋藁工房 最近、メディアへの露出も多く、活気付いています。 023 本日は、某ホテルの特別注文で、稲藁で箒(ほうき)を作っていました。 024

稲藁箒 途中段階

027

藁加工グループの重鎮 のお二人

029

完成品の藁箒

藁の箒、これだけでも可愛いのですが、さらに付加価値を高めるための改良・改善やキャッチコピー、があれば何かヒントが欲しいです。

あなたなら、どんな風に使いますか?アイデア大募集(●^o^●)

藁細工を体験してみたい方、御相談にのります。

2月頃には、藁細工体験と田舎料理のツアーをただ今計画中 (富山県中山間地域チャレンジ事業活用)

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

第38回速川文化祭・速川小学習発表会

10月18日(日)速川文化祭・速川小学習発表会が開催されました。 151018_速川文化祭2 (3) 速川地区で行われるこの行事は、
  • 速川公民館
  • 速川自治振興委員会
  • 速川小学校
の3組織が、一緒になって行われた行事でした。 子供たちの楽しく愛らしい演劇発表や一生懸命取り組んだ手芸や実験の展示、どれもほのぼのさせられました。   151018_速川文化祭 (6)

児童による実験結果のレポート

151018_速川文化祭 (2)  

小学1年生による演劇『おおかみと7ひきのこやぎ』

NPO速川活性化協議会では、 報告として
  • 速川で作られているサツマイモの種類
  • 日名田にある夫婦滝の開拓の写真
  • 速川地区での活動のDVD
を出展し、地区の皆様に楽しんで戴きました。速川地区でのDVDでは、山下さんの録画記録の他、私がこれまで撮影した動画も一緒に展示していただき、普段接することのない人々にも速川の活動内容を知ってもらう機会となりました。 なお、速川地区での活動内容の動画は、Youtubeでも見ることが出来ます。 Youtube>稲垣信志>速川地区  (速川地区での活動動画を1つのリストで表示) 151018_速川文化祭 (11)  

山下さんの写真&動画と筆者のYoutube動画も上映

151018_速川文化祭 (13)

活性化協議会で作っているサツマイモの種類

食事の提供として
  • おもてなし弁当
  • 甘くて美味しい紅はるかの石焼き芋
  • カレー&シナモンシュガーの2種類のサツマイモチップス(鳴門金時)
  • 甘くて美味し紅はるかのサツマイモステック
を出品し、地区の皆様に召し上がって戴きました。 151018_速川文化祭2 (5)

おもてなし弁当

速川文化祭、子供たちだけでなくお年寄りや大人も楽しめるイベントとなっていました。

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

理系の視点!明治、大正、昭和の農具が体験出来る速川(富山県氷見市)は、すごい場所!(千歯こき、足踏み脱穀機、唐箕)

先日、速川小学校の米作り作業体験のお手伝いを行いました。 その時に使われた農具、改めて速川地域、このような農機具を保存するだけでなく、このような昔ながらの米づくりを子供たちに体験させる行事として20年以上継続されていることがすごいです。 どれも、今では使われなくなった農器具です。理系のはしくれの私としては、農機具の全てが、洗練された計算によって作られている。   151008_速川小01

千歯こき 刈り取った稲を籾にするために穂を刈り取る道具 大正時代以前

 歯の先端は、抵抗を少なくするために広く開いているが、奥に行くほど、その感覚が狭くなる。 狭さの感覚は、藁の穂先と同等になっており、引っ張り強さと抵抗の加減が、なんともすごい。一定の力で藁を引っ張れる。

151008_速川小

足踏み脱穀機 刈り取った稲を籾にするために穂を刈り取る機械 明治末期に考案され昭和20年代頃まで利用されていた

足踏みは、前後の力で動力をかけるが、それを回転の動力に変えている。この原理って、自動車のエンジンと同じ原理。

151008_速川小03

唐箕 籾に混じった藁や籾殻を取り除く機械 昭和30年代頃まで利用されていた

 ハンドルを回す風力の速さと籾の湿潤状態(重さ)で、回転速度を調整。籾が軽い時は、ゆっくり回すし、籾が重い時は、回転数を速くして、籾と藁を選別する。今の選別機は、一定の含水比にまで籾を乾燥させて振う。原理は、同じ。

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村