Have an account? Sign in or Sign up

カテゴリアーカイブ: 01_最新のお知らせ

非売品・肉厚・濃厚ジャンボしいたけ/仏生寺しいたけ園

氷見の里山、三千坊のおひざ元 氷見市仏生寺地区脇之谷内

ここは、仏生寺しいたけ園の里

椎茸の原木栽培をされている六田さんから ジャンボシイタケ (非売品)を頂きました 161117_%e4%bb%8f%e7%94%9f%e5%af%ba%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%91-2%e5%9c%a7%e7%b8%ae こんな大きな椎茸、しかも原木で栽培されていらっしゃる。すごい! 普通、スーパーで販売されているのは、菌床椎茸 菌床椎茸は、おがくずと室内で作られているから、味は薄く、食べ応えがない それに比べて、原木椎茸は、伐採した木(ほだ木)をつかって栽培するので、天然に近い環境 中身は、弾力があり、味が全然違う! 普段菌床椎茸ばかり食べている人が、初めて原木椎茸を食べると これが椎茸? って思うくらい驚きで、食べ応えあり さっそく、

しいたけステーキ 

で頂きました。 肉厚で、濃厚、 癖になります。 富山県内のスーパー アルビス 等で

仏生寺しいたけ園 

の名前で販売されています。是非チェックしてみてください。 ただし、大量生産は、されていないので、限定品です。  ...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

氷見市地域おこし協力隊(稲垣)・田舎暮らし週間活動報告(11月第3週)富山で移住定住

週に1回の地域おこし協力隊活動報告。

地域おこし協力隊は、国の制度で最長3年間の任期。

私は、地域おこし協力隊制度に頼らずその土地土地の地域資源である1次産業を中心に、誰もが田舎で半農半Xを終職として、先人たちの築きあげてきた暮らしを守り未来に繋げられるような仕組みを作っていきたい。 そのために、地域の人々や移住定住希望者、田舎に興味のある人たちのかけ橋になりたい。 本週間活動報告は、その備忘録も兼ねている。

最新の氷見市地域おこし協力隊 稲垣信志 の週間活動報告はこちらからクリック願います(●^O^●)

↓ ↓ ↓

20_氷見市地域おこし協力隊活動報告

 

平成29年11月13日(月)~11月19日(日)の地域おこし協力隊活動

今週は、月曜日から金曜日まで、全国地域リーダー養成塾の先駆的地域視察研修のため、氷見を不在。岡山県、鳥取県の地域活性の先駆的地域を視察研修してきました。 土曜日、日曜日は、視察研修の報告書づくり。 本ページを3年前から振り返ると、昨年は、「地域に残ってくれるのか?」という声が多数聞こえたが、今は「家を購入したこと」、「地域に根付いた継続的な活動が評価されていること」で「地域に残ってくれるのか?」という質問が少なくなった。逆に玄関先には、いろいろな人からのお裾わけが増えている。以上のことから、1年1年で、地域活性化という階段を1段づつ登っていると自分自身でも感じた。   171113,14,15
171116,17,18,19
※   は、副業や居住地域での奉仕活動等のため、業務時間外

先駆的地域づくり現地調査(1日目)岡山県高梁市編 HTTP://WWW.NOMACHI.INFO/BLOG/15559

171113_高梁市吹屋銅山(124)圧縮

11月13日(月) 岡山県高梁市吹屋地区吉岡銅山にて

先駆的地域づくり現地調査(2日目)岡山県津山市・西粟倉村編

HTTP://WWW.NOMACHI.INFO/BLOG/15579 171114_西粟倉村楽エナジー(142)

11月14日(火) 2日目 西粟倉村村落エナジーにて

先駆的地域づくり現地調査(3日目)鳥取県智頭町編+番外【日本きのこセンター】編HTTP://WWW.NOMACHI.INFO/BLOG/15607

171115_智頭町山郷地区振興協議会(105)

11月15日 智頭町にて

先駆的地域づくり現地調査(番外編)【美作市・英田上山棚田団】【井原市・大江まちづくり協議会】http://www.nomachi.info/blog/15636

171116_英田上山棚田団(159)

11月16日(木) 英田上山棚田団視察

続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

先駆的地域づくり現地調査(番外編)【美作市・英田上山棚田団】【井原市・大江まちづくり協議会】/編/全国地域リーダー養成塾FROM図司ゼミ

先駆的地域づくり現地調査とは

地域活性化センター主催の、「全国地域リーダー養成塾」(以下リーダー塾)を受講。 リーダー塾では、各ゼミ毎に、全国各地の地域づくりの先駆地を訪問し、地域づくりのキーパーソンなどを通じて地域づくりの問題解決策学ぶ「先駆的地域づくり現地調査」を実施。 私が入っている法政大学図司直也教授のゼミでは、平成29年11月13日(月)から15(水)まで、岡山県と鳥取県での先駆的地域づくり現地調査を行った。 本ブログは、前回に続き3日目。3回シリーズ+α(番外編)で、掲載します。 1日目、2日目、3日目の視察先は、こちらのブログを見てね ↓ ↓ ↓

先駆的地域づくり現地調査(1日目)岡山県高梁市編 http://www.nomachi.info/blog/15559

171113_高梁市吹屋銅山(124)圧縮

1日目高梁市

先駆的地域づくり現地調査(2日目)岡山県津山市・西粟倉村編

http://www.nomachi.info/blog/15579 171114_西粟倉村楽エナジー(142)

2日目 村落エナジーにて

先駆的地域づくり現地調査(3日目)鳥取県智頭町編+番外【日本きのこセンター】編http://www.nomachi.info/blog/15607

171115_智頭町山郷地区振興協議会(105)

3日目 智頭町

4日目番外1ヶ所目:岡山県美作市(英田上山棚田団)

11月15日(水)、日本きのこセンターを来訪した後、智頭急行と山陽本線を乗り換えて、 岡山県美作市英田上山地区を訪れ、以前もお世話になり、農家民泊を経営している梅谷君(以下梅ちゃん)の家に宿泊する。 上山西地区は、昭和35年には人口1,000名ちかくいた集落だが、平成27年では、170名弱が住んでおり、人口減少となっている。しかし、そのうち1割強が

英田上山棚田団(あいだうえやまたなだだん)

等の新しい移住者であり、賑わいを取り戻そうとしている地域である。 上山棚田団のHPは、こちらから↓↓↓ https://ueyama-shuraku.jp/ 棚田団のメンバーの中には、美作市地域おこし協力隊の制度を利用し、3年間活動準備期間としている人もいる。そして、美作市地域おこし協力隊を退任したのちも、地域に定住し、棚田8300枚再生を旗印と、自らの得意分野を活かした半農半Xで自活し、地域に根付いた事業展開を行っている

英田上山棚田団(あいだうえやまたなだだん)

が活動する上山地域と著者との関係は、平成26年に訪れて今回が2回目。 その後、facebookを活用して、情報交換を行っていました。 数ある地域活性化の中で、ここは、異色の存在であり メンバーのレベルが、高い!!! なぜなら
  •  ごちゃごちゃ言うよりも、まずはやる=行動あるのみ!!!
  • 空き家の改修なんて優しいものじゃなく、廃屋を住めるようにするワイルドさ、
  • 棚田8300枚の再生・棚田のあぜの草刈りがはんぱなく、肩掛けにすると作業効率が落ちると言って、女子であろうが、皆腕の力だけで草をなぎ倒す
  • 経営するにあたっての金銭感覚、補助金・助成金も回すが、自分たちの力で、農作物の価値をどんどん高めてゆく
などなど、1人1人のキャラクターが濃いメンバーがそろっているからだと私は思います。 そんな上山棚田団だからこそ、座学で学んでもつまらない。 この日のために、旅行ケースに棚田団カラ―のオレンジ繋ぎの作業着を持参。 今回も、まるまる1日、棚田団番頭さんのような存在、梅ちゃん(梅谷君)にみっちり1日弟子入りして、農作業してきました。 171116_英田上山棚田団(101)

さらに進化・改築していた梅ちゃんハウス、簡易宿泊業の許可も取得済み

続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

先駆的地域づくり現地調査(3)鳥取県智頭町編+番外【日本きのこセンター】編/全国地域リーダー養成塾from図司ゼミ

先駆的地域づくり現地調査とは

地域活性化センター主催の、「全国地域リーダー養成塾」(以下リーダー塾)を受講。 リーダー塾では、各ゼミ毎に、全国各地の地域づくりの先駆地を訪問し、地域づくりのキーパーソンなどを通じて地域づくりの問題解決策学ぶ「先駆的地域づくり現地調査」を実施。 私が入っている法政大学図司直也教授のゼミでは、平成29年11月13日(月)から15(水)まで、岡山県と鳥取県での先駆的地域づくり現地調査を行った。 本ブログは、前回に続き3日目。3回シリーズ+α(番外編)で、掲載します。 1日目、2日目、4・5日目(番外編)の視察先は、こちらのブログを見てね ↓ ↓ ↓

先駆的地域づくり現地調査(1)岡山県高梁市編 http://www.nomachi.info/blog/15559

171113_高梁市吹屋銅山(124)圧縮

1日目:岡山県高梁市吹屋地区

先駆的地域づくり現地調査(2)岡山県津山市・西粟倉村編

http://www.nomachi.info/blog/15579 171114_西粟倉村楽エナジー(142)

2日目:岡山県西粟倉村 集落エナジー

先駆的地域づくり現地調査(番外編)【美作市・英田上山棚田団】【井原市・大江まちづくり協議会】http://www.nomachi.info/blog/15636

  171116_英田上山棚田団(113)

4日目:岡山県美作市英田上山棚田団

3日目1ヶ所目:鳥取県智頭町(智頭役場)

11月15日(水)、朝8時に昨日お世話になったあわくら温泉元湯を出発

本日は、鳥取県八頭郡智頭町。なんと石破茂地方創生大臣は、同じ郡部で、お隣の八頭町出身。

岡山県西粟倉村が鳥取県との県境にあるので、鳥取県智頭町までは、車で40分ほどで到着。 171115_智頭町役場(100)

智頭町役場 外観

智頭町は、昭和35年には人口14,390名いた町だが、平成29年10月では、7299名であり、人口減少が若干減っており、移住者が増えている。

町のキャッチフレーズ

みどりの風が吹く「疎開」のまち智頭

町のキャッチフレーズをあえて「疎開」という悪いイメージを前面にだしているが、逆に都市住民に対し自然豊かな癒しのある田舎であることをアピールしている。

智頭町疎開保険

智頭町疎開保険は、阪神大震災前に作られたそうだが、震災があったのでプレスリリースを1年据え置きにしたとの苦労話を聞くことが出来た。現在300名の方が加入し、1泊3食7日分の保障があるらしい。

171115_智頭町役場(102)

智頭町役場で、研修中の様子

続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

先駆的地域づくり現地調査(2)岡山県津山市・西粟倉村編/全国地域リーダー養成塾from図司ゼミ

先駆的地域づくり現地調査とは

地域活性化センター主催の、「全国地域リーダー養成塾」(以下リーダー塾)を受講。 リーダー塾では、各ゼミ毎に、全国各地の地域づくりの先駆地を訪問し、地域づくりのキーパーソンなどを通じて地域づくりの問題解決策学ぶ「先駆的地域づくり現地調査」を実施。 私が入っている法政大学図司直也教授のゼミでは、平成29年11月13日(月)から15(水)まで、岡山県と鳥取県での先駆的地域づくり現地調査を行った。 本ブログは、前回に続き2日目。3回シリーズ+α(番外編)で、掲載します。 1日目、3日目の視察先は、こちらのブログを見てね ↓ ↓ ↓

先駆的地域づくり現地調査(1日目)岡山県高梁市編 http://www.nomachi.info/blog/15559

先駆的地域づくり現地調査(3日目)鳥取県智頭町編+番外【日本きのこセンター】編http://www.nomachi.info/blog/15607

 

2日目1ヶ所目:岡山県津山市知和地区(非特定営利法人スマイルちわ)

11月14日(火)、朝8時に昨日お世話になった高梁市宇治地区を出発

本日は、岡山県津山市知和地区にある、非特定営利法人スマイルちわ

知和地区は、人口191人、74世帯(うち高齢独居24世帯)高齢化率46.6% ※2016年1月住民基本台帳より

スマイルちわ は、1つの町内会(集落)で、自治団(この地域では、町内会のことを自治団と称している)では出来ない部分をNPO化にしたものだった。

NPO法人化前から、知和地区でも高齢化・過疎化が進み、「除雪が出来ない」、「草刈りが大変」、「墓掃除が出来ない」などなどの不安や悩みを地域住民が抱いていた。 そこで、国米自治団長(区長)さんが、「地域の困りごとを行政に頼らず、自分たちで解決しよう!」という目的のもと、2011年に「知和の明日を考える会」を発足し、地域住民の困りごとに数名が取り組んだ。 171114_津山市スマイルちわ(119)国米

知和自治団長兼NPOスマイルちわ理事長 國米さん

  翌年NPO法人スマイルちわを発足させ、47世帯が加入した。

スマイルちわ の事業展開は、3つ

  1. 便利屋・・・草刈り、墓掃除、雪かきなど 時給1000円程度を支払い
  2. ふれあいマーケット・・・出品者が家庭菜園で1畝でも多く作ってくれるようになり多少なりとも耕作放放棄地の解消
  3. ワークショップ・・・田植えや稲刈り、炭焼き等の田舎体験を実施し都市農村交流を図る
171114_津山市スマイルちわ(101)

NPOスマイルちわ の事務所兼集会場 かつて、ここは、米屋だったところを改修された場所

171114_津山市スマイルちわ(105)

NPOスマイルちわ の事務所 助成金事業を活用して建てたとのこと

スマイルちわ が大切にしているのは、「地域住民が集える場づくり」

  1. 月2回のコミュニティカフェを開催(ワンコイン・100円)
  2. 月1回の居酒屋を開催(1人1品持ち込み・500円)
  3. コミュニティカフェの時に移動販売車が来訪し、買い物支援サービスを実施
171114_津山市スマイルちわ(110)

コミュニティカフェや居酒屋が行われている事務所脇にあるサロン(旧倉庫)

スマイルちわ が行っている地域活性化とは

  • 地域住民個々の個性・特技を掘り起こし、社会貢献に役立てること
    • 大工、左官、料理上手、炭焼き、野菜作り、会計等々
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

先駆的地域づくり現地調査(1)岡山県高梁市編/全国地域リーダー養成塾from図司ゼミ

先駆的地域づくり現地調査とは

平成29年度は、地域活性化センター主催の、「全国地域リーダー養成塾」を受講中。 リーダー養成塾では、主任講師による少人数のゼミナール形式の講座を開講し、調査・研究に取り組み、成果を修了レポートにまとめます。 さらに、各ゼミ毎に、全国各地の地域づくりの先駆地を訪問し、地域づくりのキーパーソンなどを通じて地域づくりの問題解決策も学ぶ「先駆的地域づくり現地調査」が行われます。 私が入っている法政大学図司直也教授のゼミでは、11月13日(月)から15(水)まで、岡山県と鳥取県での先駆的地域づくり現地調査が行われました。 2日目、3日目の様子は、下記ブログから

先駆的地域づくり現地調査(2日目)岡山県津山市・西粟倉村編

HTTP://WWW.NOMACHI.INFO/BLOG/15579  

先駆的地域づくり現地調査(3)鳥取県智頭町編+番外【日本きのこセンター】編http://www.nomachi.info/blog/15607

1日目:岡山県高梁市吹屋地区

朝8時に岡山駅に集合、途中岡山空港を出発し

中国山地の県道、市道の登り下りを何度もしながら、2時間40分かかって、高梁市吹屋伝統的建造物保存地区に到着。

171113_高梁市吹屋伝統的建造物保存地区(105)

高梁市吹屋伝統的建造物保存地区 は、

赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一され、見事な町並みが整然と続く吹屋の町並み この町並みこそ、江戸末期から明治にかけ、吹屋の長者達が後世に残した最大の文化遺産であり、国の重要伝統的建造物群保存地区になっている 現地ガイドは、ご当地で生まれ育ち、かつては、ここの地域で銅山採掘を行っていたご先祖様をもつ、関さん。 さすが、地元出身だけあって、地元の人でしか知らない、情報・裏話を楽しく可笑しく説明してくださった。観光ガイドとして、お客様にあわせた話し方、一流の方だと感じる。 裏話の1つとしては、地域にある本山山神社は、 銅山の守護神。かつて銅山主であった三菱が神社に寄進した玉垣が、三菱のマーク入りであることを解説してくださった。 171113_高梁市吹屋伝統的建造物保存地区(123)

玉垣の中央に三菱のマーク

171113_高梁市吹屋伝統的建造物保存地区(111)

吹屋伝統的建造物群保存地区

171113_高梁市吹屋伝統的建造物保存地区(114)

図司ゼミのメンバーと観光ガイド 関さん

171113_高梁市吹屋銅山(124)圧縮

吹屋銅山坑道を見学

171113_高梁市吹屋広兼邸(103)圧縮

広兼邸は、 映画 金田一耕介シリーズ 八つ墓村

のロケ地 にもなっていた

1日目:岡山県高梁市宇治地区まちづくり推進委員会

午後は、総務省及び全国過疎地域自立促進連盟が行っている、過疎地域自立活性化優良事例表彰おいて平成28年度の総務大臣賞を受賞した

宇治地区地域まちづくり推進委員会

を視察。 この地域の取り組みは、氷見市の速川地区のように感じた。 まず

続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

氷見市地域おこし協力隊(稲垣)・田舎暮らし週間活動報告(11月第2週)富山で移住定住

週に1回の地域おこし協力隊活動報告。

地域おこし協力隊は、国の制度で最長3年間の任期。

私は、地域おこし協力隊制度に頼らずその土地土地の地域資源である1次産業を中心に、誰もが田舎で半農半Xを終職として、先人たちの築きあげてきた暮らしを守り未来に繋げられるような仕組みを作っていきたい。 そのために、地域の人々や移住定住希望者、田舎に興味のある人たちのかけ橋になりたい。 本週間活動報告は、その備忘録も兼ねている。

最新の氷見市地域おこし協力隊 稲垣信志 の週間活動報告はこちらからクリック願います(●^O^●)

↓ ↓ ↓

20_氷見市地域おこし協力隊活動報告

平成29年11月6日(月)~11月12日(日)の活動

秋は、行事毎が重なり、かなりハード。今週は、農業1日。しかも樹齢25年程度のコナラの木の伐採。チェーンソーでバッタバッタと切り倒す。竹やぶ久しぶりに気持ち良かった。 他には、地域おこし協力隊活動経費報告書作成(1カ月遅れ)、氷見里山体感ツアー(三千坊ウオーク)の準備運営、せっかくウオークin臼ヶ峰の支払い関係 で追われた。 日曜日は、地域行事である仏生寺地区カローリング大会。体育委員になって、今年で2年目。 カローリング運営の裏方で、ばたばた。 171106,07 171108,09 171110,11 171112  

※   は、副業や居住地域での奉仕活動等のため、業務時間外

  171107_ほだ木伐採(106)圧縮

11月7日(火) キノコの師匠とほだ木切り

171108_三千坊ロープ (2)圧縮

11月8日(水) 三千坊遊歩道確認 地域の人たちが、週末の散策の為にロープを設置

171111_三千坊脇之谷内(197)

11月11日(土) 氷見里山体感ツアーを実施 詳細は、下記ブログを見てね ⇓ ⇓ ⇓

里山の魅力を体感/参加者アンケート満足度100%の里山体験ツアー

1日1回、下記バナー『にほんブログ村』へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

氷見市地域おこし協力隊(稲垣)・田舎暮らし週間活動報告(11月第1週)富山で移住定住

 

週に1回の協力隊活動報告。地域おこし協力隊は、国の制度で最長3年間の任期。

私は、地域おこし協力隊制度に頼らずその土地土地の地域資源である1次産業を中心に、誰もが田舎で半農半Xを終職として、先人たちの築きあげてきた暮らしを守り未来に繋げられるような仕組みを作っていきたい。 そのために、地域の人々や移住定住希望者、田舎に興味のある人たちのかけ橋になりたい。 本週間活動報告は、その備忘録も兼ねている。

最新の氷見市地域おこし協力隊 稲垣信志 の週間活動報告はこちらからクリック願います(●^O^●)

↓ ↓ ↓

20_氷見市地域おこし協力隊活動報告

 

平成29年10月30日(月)から11月5日(日)までの活動

今週は、11月11日に初めて開催する三千坊散策の資料作り。 先週からはじまった募集案内、お陰さまで、目標定員に達成出来た。まだ若干の追加募集は、可能なのでもし考えている人がいれば、相談願いたい。 農作業を、全体時間の1/5程度。 本来なら、もっとしなければならないが、上手く時間配分が出来ていない。来年以降の課題。 農福連携では、某セミナーで新たな出会いがあり、今後その方と交えて障害者の人たちと地域がさらに連携を深める可能性のヒントが増える予感があり楽しみだ。 9月末から作りだしていた氷見の里山シリーズの小冊子、某編集長に相談し、プロの目線から沢山の指摘を頂けた。視聴者目線で、さらに良いものをつくるために必要なことを学ぶことが出来、大変勉強になった。 週末は、仏生寺地区防災訓練が開催された。昨年よりも1工夫も2工夫もされていた防災訓練。まだまだ改善点は多くあると思われますが、市職員、消防団員の方々が、新たな取り組みに挑んだことは、すばらしいと感じた。 171030 171031,1101 171102,03 171104,05 ※   は、副業や居住地域での奉仕活動等のため、業務時間外   171030_季の香カニ (100)縮小

10月30日(月) 季の香さんでの『高志の赤がにキャンペーン』に参加 いつも脇之谷内米をお買い上げ 今回もカニ飯に使って頂きました また、参加者の皆さんに脇之谷内米をプレゼント(時間外)

  171031_市長と協力隊 (1)圧縮

10月31日(火) 月例協力隊MTGのあと、氷見市長との懇親会 多忙中、お時間をとっていただきありがとうございました。

171101_玉ねぎ定植 (2)圧縮

11月1日(水) 農福連携b-らいふ 玉ねぎ苗植えで、残った箇所を定植

171103_キャベツ定植 (3)圧縮

11月3日(金) 近所のばあちゃんから頂いたキャベツの苗を定植

171104_三千坊(144)圧縮

11月4日(土) 来週にせまった氷見里山体感ツアーの散策場所 三千坊山を下見 現地確認 山頂付近より撮影

続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

里山の魅力を体感/参加者アンケート満足度100%の里山体験ツアー

アンケート結果参加者全員満足度100%以上の感動!

 

「故郷を離れてから富山は、何も自慢できるものがないと思っていたが、今回のツアーで多くの魅力に気付いた。東京で氷見市を宣伝してきたい」

平成29年11月11日、氷見市仏生寺地区脇之谷内集落で、初めての里山体感ツアーを開催した 富山県出身で東京からの参加者が、上記のような感想を頂けた 私自身も愛知出身で、初めて富山に訪れ、里山の人々とたくさん触れあって体感・感動した この価値観を、他人にも共感したいという思いが都市農村交流を行う理由 自然豊かな富山県 里山の魅力は、行政主体ではなく、地域主体で行うべきであると私は考える。 それを実際に地域の人たちとつくり続けているのが、私の開催する体感ツアーであり、経験と実績を積み重ねをお客様参加者の満足度100%を達成出来た理由。 文字で書くのは、簡単だが、実際に行うのは、地域内での普段からのコミュニケーションが大事。このコミュニケーションと、ツアー企画者が、心を通わせていないと出来るものではない。    

【里山体感ツアー内容】

9時30分に脇之谷内公民館で、脇之谷内里山づくり実行委員長の挨拶と 脇之谷内出身、幕末の孤高の剣士、斎藤弥九郎についての説明。 参加者の皆さん、脇之谷内も初めてならば、斎藤弥九郎についても初めて耳にする。 真剣に委員長のお話に釘付け。 171111_三千坊脇之谷内(118)

脇之谷内里山づくり実行委員会澤田委員長より、脇之谷内や斎藤弥九郎について解説

  話しに熱が入り、10分オーバー9時55分頃に脇之谷内公民館を出発。 ここからは、富山県ナチュラリスト協会所属、山崎氏にガイドをバトンタッチ 里山の農道を散策しながら、山野草のお勉強。 171111_三千坊脇之谷内(126)

公民館から、そのまま地域の道路を歩いて三千坊山へ

  さっそく、山崎氏からミント系の野草、アザミ、ミゾソバ、の説明が始まる。 歩けばいろいろな野草が顔を出し、参加者に面白可笑しく説明される そして、山の遊歩道に入ると、魅惑のフルーツ発見! ノイチゴ 感動、甘酸っぱくて、ほおばる参加者 雨を苦痛と感じず、心地よい思いすらなれる 何が飛び出すかわからない ドキドキ感 がありながら ゆったり 、 まったり の 著者が得意とする里山の魅力満載 ウオーキングが はじまった。 171111_三千坊脇之谷内(139)

途中で見つけたノイチゴ そのままパクリ

脇之谷内の里山散策を抜け、三千坊山の稜線づたいをあるけば、周囲は、コナラ、クヌギ、朴の木、カエデなどの落葉樹の落ち葉の絨毯が参加者をお待ちかね。

ふかふかの落ち葉の上を、サクサクと音をたてながら、

まったくお互いのことを知らないもの同士でも、楽しい会話があちこちに出始める

雨が降っていても、それもまた一興。

優しく静かな三千坊の森を、都会を忘れ 大自然を満喫しながら楽しくウオーキング

171111_三千坊脇之谷内(153)

三千坊の散策 落ち葉の絨毯は、ふっかふか

【パワースポット・アカガシの群生】

三千坊山の魅力の1つは、断崖絶壁に生えている赤樫(アカガシ)の群生。

これは、圧巻

本当に、よくこんな急な斜面に根を張り、育ったなと感動させらる。

また、このツアーでしか聞けない 脇之谷内で一番に歴史に詳しい現地ガイド・澤田委員長から、三千坊山とその周囲の集落の関係や山岳密教についての解説があった。

歴史好きにはたまらないお話は、興味深々。

171111_三千坊脇之谷内(197)

急斜面に生える赤樫(アカガシ)の群生

続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

里山で深刻なイノシシ被害・電機柵ポイント・効果

氷見市の中山間地域の農作物は、イノシシ被害が深刻です。 手塩にかけて育った農作物が、一旦イノシシの被害にあうと、畑1箇所につき 20万/反以上の損害が発生します。 151014_被害 (6)

被害にあったサツマイモ畑

151014_被害 (2)

2本通っている電線のうち、上側が下にさがっていた。 電機柵をまたいだのかな?

151014_被害 (5)

散々サツマイモを食い荒らし、ウンチのお土産

  151014_被害 (4)

ちょっと解りづらいですが、電線を山側に引っ張りながら逃げた痕跡がありました

 【電気柵対策のポイント・効果】 

 単に電気柵を設置しても、電気柵のポイントが絞れていないと、被害にあいます。

 そのポイントとは

  1. 電気柵周辺の草刈りは、こまめに行う
  2. 電線の高さは、獣の鼻の高さを想定して設置(鼻のあたりが水分を含み一番しびれやすい)
  3. 電池のチェック交換を怠らない(概ね3ヶ月に1回)
  4. 支柱と電線の間にガイシを取り付ける
  5. 柵の外にトタン板や舗装された道路がある通電しないので、障害物を離すか取り除く。

 鳥獣被害の他にも、里山で路地で作物を作るには、天候被害や害虫被害があげられます。

 田舎暮らしを希望する人で、家庭菜園程度なら、被害は少ないですが、プロの農家さんとして生産物を出荷するまでの過程において、本当にいろいろな苦労があります。

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村