Have an account? Sign in or Sign up

カテゴリアーカイブ: 99_その他

富山県で初開催!行政脱却!各種団体・個人が連携・食と農漁業について語る(海も山もある食材の宝庫氷見)

2018年5月8日(火)、富山県氷見市で 全国キャラバン

平成の百姓一揆IN富山

が開催されました。 180508_百姓一揆 (100)

平成の百姓一揆セミナー参加者集合写真

【セミナー内容】

高橋博之氏 プロフィール ポケットマルシェ代表取締役CEO、日本食べる通信リーグ代表/東北食べる通信 編集長 180508_百姓一揆 (103)

講師:高橋博之氏

消費者は、食事をガソリン給油のごとく”消費”している。

一方、生産者は想いを込めて育てた生産物に正当な評価をつけてもらえず、買い叩かれている現状。

日本の食の未来に自分事とし、食べる人と作る人が一緒になって作る社会を作るべき立ち上がるべきだと考えた高橋博之氏は

世なおしは、食なおし

の旗を掲げ、全国47都道府県で日本の一次産業の人々と未来を語る座談会を開催。 180508_百姓一揆 (105)

講演会の様子

【富山県でのセミナー参加者】

わずか10日間の集客期間で、1次生産者や行政に特化して欲しいと ポケットマルシェ側からの要望 当日は今氷見市で自主的に頑張っている里山の各種団体 ・棚田オーナー制度の長坂地区 ・地域バスの先駆け、八代環境パトロール隊 続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

立山女子快挙!プレスリリースメディア6社成功の秘訣

2018年5月8日、富山県立山町で特産ラフランスの摘果作業が テレビ局3社・新聞3社に取り上げられました。 180509_立山女子ラフランス圧縮

2018年5月9日 富山新聞23面県内総合

6社のマスメディアから取り上げられたってのは、素晴らしいです

新聞3社も地域版で3段落ちの扱いは、地域性・新規性・汎用性・季節性を大きく評価している証

今回のプレスリリースを行ったのは、

立山町地域おこし協力隊宮内七生さん

今年春、私自身が氷見市の各地で企画した、

・脇之谷内のキムチ教室

・稲積梅の花見

に参加し、地域の人々が主役のイベントづくりを学びました。 180217_キムチ教室(174) 2018年2月18日に開催したキムチ教室で自己の活動を説明する宮内さん   さらに2018年4月に開催した 地域活性化の作り方のセミナーを受講し、 ・イベントづくりのポイント事業計画書の作り方 ・マスメディアとソーシャルメディアをつかった集客方法 ・プレスリリースの仕組み ・行政支援の補助事業の取り組み を学びました。 先日宮内さんから感謝メッセージで、 プレスリリースの活用方法を参考にしたことで、多くのメディアから取材を受けることが出来ました。ありがとうございます。」 とおっしゃっていました。 嬉しいかぎりです。 180408_講義 (3)圧縮

2018年4月8日の講義の様子

地域おこし協力隊退任後、農業を中心とした生業、続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

源泉かけ流し特大露天風呂・満腹飛騨牛・やみつき自家製朴葉味噌/ペンションヨーデル

奥飛騨温泉郷・ペンションヨーデル

5年前からSNSを通して仲良くなった奥飛騨温泉郷・信穂高温泉 ペンションヨーデル 180506_ヨーデル朝食 (3)

ペンションヨーデル外観

5年前なら、泊まるだけではなく、その周辺の史跡名所を回ったり 登山やハイキングをしてどう楽しもうかと考えていたが、 50手前のオヤジは、 ただ泊まってのんびり、まったりくつろぐ 気兼ねのいらない、そんな宿がよくなった ペンションヨーデルのオーナー中畠夫妻は、気さくで優しい 多くを語らないところがまたうれしい 適度な距離感を作りながら、宿泊客をおもてなしをしてくれるところが 築40年経つ老舗宿にも関わらず、全国各地からリピーターが多い理由だと思う   180505_ヨーデル夕食 (3)

夕ご飯は、飛騨牛のしゃぶしゃぶ

180505_ヨーデル夕食 (1)圧縮

小鉢、イワナの塩焼き

180506_ヨーデル朝食 (1)

朝食は、自家製朴葉味噌

この朴葉味噌だけでご飯が進む うまい!

180506_ヨーデル朝食 (2)

朝食

180506_ヨーデル朝食 (6)

オーナーの中畠さんと記念撮影

180506_ヨーデル朝食 (4)御衣黄桜

5月上旬奥飛騨では、御衣黄桜が見ごろ

4年前に撮影した動画は、こちら

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

感謝・全国地域おこし協力隊で初受賞!全国移住希望地10位富山県より

2018年3月2日、(一財)都市農村交流活性化機構が主催する第15回「オーライ!ニッポン大賞」ライフスタイル賞で、私稲垣信志が受賞しました。 床鍋 虫送り、わら細工-308圧縮

オーライ!ニッポン大賞」とは

「オーライ!ニッポン大賞」は、都市と農山漁村を往来する新たなライフスタイルの普及や定着化を図るため、日本各地で都市と農山漁村の交流を盛んにする活動に積極的に取り組んでいる団体、個人(ライフスタイル賞)を表彰するものです。 詳細は、こちら

第15回オーライ!ニッポン大賞の決定についてhttps://www.kouryu.or.jp/information/20180302_293/

オーライニッポン圧縮  

2017年全国移住希望地域ランキング10位の富山県

この賞を受賞出来たのも、富山県の皆さんあってのもの。 富山県は、先の認定NPO法人ふるさと回帰支援センターの2017年全国移住希望地域ランキング調べによると、富山県は、全国10位となった。 詳細は、こちら

2017年移住希望地域ランキング公開 https://www.furusatokaiki.net/topics/135843/

海も山もあって、食材宝庫な富山県 東京から新幹線で2時間、最寄り駅まではどんなに遠くても1時間ほどだから、実際に3時間で東京につけるアクセスもすばらしい こんな住みたくなる地域、富山の食材・田舎で食べられてきた料理とそこに暮らす人々と田舎に興味のある都市住民との交流人口・関係人口の構築を積極的に行ってきた活動が、今回のオーライニッポンライフスタイル賞受賞になったと思っている。 本当に皆さん、ありがとうございました。 この場を借りてお礼申し上げます。 3月3日付け北日本新聞にも掲載されています 180303_オーライニッポン北日本n

2018年3月3日北日本新聞より

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

1年で一番美味しい『水』/限定非売品が飲めるかも?

大寒の水

寒さがさらに厳しくなり、1年中で最も寒い時季 

大寒(だいかん)

二十四節季の1つで、2018年は、1月20日(土) この日にくみ取ったは、延命・健康に良いとされている。 また、金運上昇や開運、火事よけ、泥棒よけ、災難よけ等にも 御利益があると言われている。  

吉乃友酒造の酒水

fbog

吉乃友酒造の酒水は、

雄大な自然が作り出した立山山麓の美味しい伏流水を使用している

普段でも、美味しい柔らかな軟水であるが、

特別に、大寒にくみ取ったご貴重な限定の酒水   普段でも手に入らない酒水

1年のうちで一番美味しいと言われている大寒にくみ取ったご利益のある

越中の台所「季の香」 さんから

頂きました。 180128_寒の水 (4)圧縮 もったいなくて、まだ飲んでいません。 どうやって飲もうか・・・悩んでいます 下記の季の香のブログでも紹介されています↓

開運と健康のご利益 / 大寒の水・大寒たまご / 運気上昇! / 吉乃友・土遊野 http://uchuu.jp/shoku/?p=2005

160301_季の香 (2)圧縮   大寒の水が飲めるか、運しだいですが、季の香では、 吉乃友酒造の酒水が、飲めます! 詳しくは、季の香に問い合わせてみてね 1ランク上の美味しいランチもやってるよ  ...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

報道ステーションで全国放送!富山県の限界集落大長谷PV「恋するフォーチュンクッキー」

大長谷の寒波状況が全国放送!

テレビ朝日のニュース番組 報道ステーション で、10時5分頃から放送予定です\(^o^)/ 氷見市に関係ないって言われそうですが、 著者が氷見市地域おこし協力隊になる原点ともいえる里山が

富山県富山市八尾町大長谷地区

平成17年度からお世話になって、平成26年度まで2地域居住で活動していた 思い出深い地域なんです。 ここで、都市農村交流、地域の人々との関わり方をいろいろ学ぶことが出来ました そんな大長谷が本日の全国放送のニュース番組

報道ステーションで紹介されます

地域の皆さん様々な関わりがありましたが、 その中でも地域の皆さんと都市住民と協働で作った動画が、この 恋するフォーチュンクッキー富山県大長谷ver なんです。 踊り指導、裏方、バックダンサー、カメラマン、照明などを都市住民が行い、地域のじちゃんばあちゃんが主役のほのぼのする仕上がりになっています。 私自身は、この動画の企画、カット割り、編集など総合プロデュースさせて頂きました。 https://youtu.be/Ww2JBSQ7iYI 本日は、氷見市農協の いきいき直売の会の総会で日中は、携帯電話の電源をOFF状態 にしていたのですが、なんだが携帯電話が賑わしく エコロの森や富山市役所、氷見市役所などに僕の連絡先を聞いていたようです。 いつも言う事ですが、 facebookでは記事が埋もれてしまいます また、facebookは身内だけの情報発信で第三者への広がりは、弱いです。 やっぱり自らの情報を第三者に知ってもらうために発信するなら、 独自のホームページやブログをお勧めします これらの情報は、いつ何どき他の人を介して紹介される可能性があります

今夜の報道ステーションを是非チェックしてみてください

恋チュンの作成裏話等は、大長谷時代のブログを読んで下さい

NHK 限界集落株式会社/北陸にもあるリアル限界集落の取り組みhttp://nagatan.info/?p=15010

恋チュン集合写真圧縮

恋するフォーチュンクッキー集合写真

テレビ局の人も褒めていた今年の蕎麦祭りの動画

これも感動もの

https://youtu.be/hjSYbLv6PpE...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

凄い!?☆富山の日常がモンゴルの教材になった!映画”lost and found”高岡

2017年11月23日、高岡市平米公民館で、

ある1本の映画の上映会が行われた。 その映画のタイトルは、

lost and found

171123_lost and found(113)圧縮 多くの人は、知らないと思う 知っているあなたは、富山の芸術・文化通 すっばらしー\(^o^)/ 私自身も、以前からfacebookで、予告編が投稿されたとき

「高岡で映画作っているんだ、すごいな・・・」

くらいしか思っていなかった。 しかし、facebookで平米公民館での試写会の情報が流れたとき、

lost and found の監督が、河井良智さん

5年以上前になるが、かつて大長谷時代に知人を通して、廃屋になった古民家の価値を評価して頂き映画にしたいと言って下さった人 大長谷での映画撮影は、実現されませんでしたが、高岡で映画になったことは、本当に喜ばしい(●^o^●) 上映されて、出演者のじいちゃん役の人が、かつて大長谷のHPを立ち上げたWEB 「押切さんに似ているな~」と思っていたら、エンディングで

押切基之

「やっぱり押切さんだったんだ」と、普段はカメラマンやwebをしているおっちゃんが、映画で助演男優されえいることに驚かされた 撮影後の関係者の紹介で、ヒミングの高野さんが出て来て、主演女優だったことにまたまたビックリ 171123_lost and found(101)

撮影後の説明で、左から 

夫婦役で出演した 高野織衣さん、 藤木卓さん

監督の 河井良智さん

  うわー、この映画地元の人が出演して作った作品なんだと改めて衝撃 映像が綺麗で、カメラアングルも素敵。 河井さんの東京の仲間が高岡にやってきて わずか2週間で仕上げたらしい。さすがプロ集団。 lost and found の背景やストーリーは、 高岡の街並みや、素朴な日常生活での営み 三世帯家族に間借りをしている単身赴任者のおっさんとその娘さん と、ありえるようで、今はありえないような 家族構成で繰り広げらるひと夏の記憶 いろいろ考えさせられることが沢山ありまいた   171123_lost and found(103)

監督の河井さんと硬い握手

いつかは、河井さんと一緒に中山間地域の営みの映画を撮ってみたい

【モンゴルの学校教材に】

映画「lost and found」が、

「日本の家族関係がよく分かる」 「日常会話が多くて勉強になる」 ウランバートル国立大や大使館、政府関係者らの目に留まり評判になって日本の文化や言語を理解する教材として モンゴルの国立大や日本語学校で活用されることが決まったとのことです すごいですね(●^o^●)...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

富山県に足りない3つの地域活性化問題/地域デザイン講演会in高岡で学んで

富山県に足りない地域活性化の問題として、3つあげる 1.民間主導での経営センス(ボランティアだけでは疲弊する) 2.仲良しサークルから、異業種でのチーム 3.行政依存症 リノベーションスクール@高岡開催に先駆けて、全国各地のリノベーションスクールで大好評の 本郷紘一さんを仙台からお招きしての講演会が、高岡商工会議所で平成29年10月28日に行われた。 171028_地域デザイン高岡 (125)圧縮

講演会の後、スタッフでもある竹中さんが経営するクランタンで懇親会 終了後の記念撮影

 講師の本郷さんは、34歳と言う若さだが、経営者であり、様々な失敗と経験を重ねながら、今仙台で、まちづくりの地域活性化に取り組んでいる。富山県内には、このような若者は、いないな~   171028_地域デザイン高岡 (104)圧縮

講師 本郷紘一さん

1.民間主導の経営センス 講話の中で、自らが行った事業の事業収支を出して説明した。ボランティアではだめ。ちゃんと事業収支で利益を出すことを数件の事例を出して解り安っく説明された。 富山県内でのイベントや事業は、行政主体が多く、事業収支で黒字化のものは、少ないように感じる。このあたりが、仙台にあって、富山県にはないものの1つだと思う。 私自身の事業でも赤字と、無償報酬出事業を行うことを避け、講師に対し大いに好感を得ることが出来た。 171028_地域デザイン高岡 (113)圧縮数値消去

本郷氏が手掛けたイベント事業の収支報告

2.異業種でのチームとPPP

PPPと言って、ピンとくる人がいれば、おーっと思う。私自身も15年以上前には、耳にしていた。

建設業界での事業もPPP(ブリックプライベートパートナーシップ)を導入して、街づくりが行われようとしていた。

富山県では、富山市で一部PPPの事業が行われているようだが、事例は少ない。

171028_地域デザイン高岡 (111)圧縮

仙台で本郷氏が行っているPPPでの仲間たち 様々な業種と行政が絡み合っている

 富山県内において、内々の仲間で作っているものが多く、始めの勢いはよいが、次第に疲弊する。地域活性化を本物にするためにも、様々な人々を巻き込んでより大きなものにしていくのも大事である。

 大長谷時代に学んだ異業種によるチーム。その時も農水省や医療関係者や料理人やデザイン関係の仲間と組めたことは、今でも大きな財産である。この時のチームで様々なことを取り組み、その結果農水省ディスカバー農山漁村の宝の申請書を行政無しで自分たちで作り上げ、北陸で初めての認定を得ることが出来た。当初県内でも無名であった大長谷村づくり協議会が認定されることになったのは、本当に民間主導のよい見本だと思う。

3.行政依存症

 富山県内での地域活性化、未だに行政主体のものが多く、地域主導の活性化を行うにしても、ボランティアベースが多く規模が小さくなっている。稼ぐことが大事だと本郷講師が述べていたように、私も稼ぐことは大事だと思う。

 ある程度、民間主導で行い、その後行政がのっかってくるような形で、行政が行うことと民間が行うことを区別するべきである。富山県内では、民間で行わなければならないことも、行政依存で、行政がしてしまっているようなぬるま湯のような、行政が助成金を出すことで制約が厳しいものが、まだまだ濃い。

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

地元民が愛する魚料理が魅力の民宿6選との連携&女将の拘り味噌汁の話し

先日、氷見の民宿の女将(おかみ)でつくる

「ひみ活性化推進サークルRyu」

の皆さんと、7月26日に勉強会を開催した。 RyuのHPは、こちら ryu → ひみ活性化サークルRyu_http://shoryudo-himi.com/   Ryuと連携を行いたいと思った経緯は、 昨年、せっかくウオークを行った際に、関東や関西から参加されたお客者の多くから 『氷見の民宿って知らない』 の声が多数聞こえたからだ。 そこで、 10月20日のせっかくウオークの参加者で、グループ参加での場合、 宿の斡旋をお願いし、心良く引き受けてくれた。   ※せっかくウオークの案内はこちら →石川・富山の歴史を実感/参加者・受入地域大満足の都市農村交流ウオーキングのお知らせ(せっかくウオーク・キトキトウオークhttp://www.nomachi.info/blog/13006   【勉強内容】 勉強会で、民宿の女将さんの多くは、地域おこし協力隊が何をしているのか知っておらず、 地域おこし協力隊の活動内容についても述べさせてもらった。 今回、1時間という短い時間帯での、勉強会だったため、 下記内容でのお話を上げたことろ、   1)初心者向けSNSでの拡散方法 2)意外と知らないFacebookの使い方 3)宿泊業と地域連携 4)上手くやる補助金・助成金活用方法   3)の宿泊業と地域連携に関心があるとおっしゃってくれて、以外にビックリでした。 170726_Ryu (8)圧縮

熱心にお話しを聞いてくださるRyuの女将さん

  県内では、宿泊業者と地域が連携をしている地域は、少ないですが、 全国的には、地域と宿泊業者や観光業が連携し、その地域に留まる時間帯を長くしているところは、多いです。 せっかくウオークを皮切りに、今後地域と宿泊業者が連携出来る仕組みを徐々に作って行き、 氷見の活性化に繋げてゆきたいです。 上記内容での説明、ご要望があれば、ご説明にあがります。ご連絡お待ちしています。   【雑談】 勉強会の中で、ひょんな事から、味噌汁の話題になった。 女将さんたち曰く、 お客様に出す味噌汁は、 1つ1つ、料理を出す前に作って提供する とのこと 煮詰まった味噌汁を出すのは、ご法度だそうだ。 他県にいったら、煮詰まった味噌汁が出ても普通のように感じていたが、 氷見の民宿の女将さんたちの拘りは、すごい。 魚料理が美味しいのは、理解していたが、味噌汁にも・・・敬服。 ここまで拘るから氷見の方々に愛され、 同じ市内でも、地元の民宿のリピーターになって、 利用され続けているのだと思われる。...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

人が集まる講座・イベント・チラシの作り方/申込率300%UP美人カリスマプランナー坂田静香さんから教わった秘訣

体験イベントで大事なのは、集客。 体験イベントの内容事体も大事だが、内容が良くても集客が悪ければ、どうにもならない。 私自身、氷見市地域おこし協力隊として、これまで携わってきたイベント企画では、 お陰さまで 毎回募集定員達成 している。 それも、大長谷時代での下積み経験や、新聞社に本当に助けられているから。 ありがたいことである(感謝)。 170624_稲積梅ざんまい(157)

過去体験イベント・梅摘み取り体験より

今後、協力隊退任後、新聞社や行政支援無しで、イベント企画を打って、 「定員割れをしたら、腹くくらなければ・・・・」 という不安は、まだまだ付いて廻る。 しかし平成29年7月5日(水)、第29期全国地域リーダー養成塾で、

『広報の効果的な手法』

と題して、3時間みっちり、カリスマプランナー坂田静香さんから学ぶことが出来た。 講義を通して、これからの体験イベントでのチラシ作成で新たな可能性が見えてきた。 講師の坂田さん自身も、自らが企画したイベントで失敗や経験をしながら学んだことを語って頂いたので、すごく共感が出来た。   本講義内容でまず初めに言われたのが、 人が集まらないセミナーの言い訳トップ3

1位;開き直り

2位;市民の意識が低いから

3位;天候が悪かった

氷見市役所に限らず多くの行政担当者や身内の地域おこし協力隊イベントで言い訳する担当者の言い訳、で聴いたことがあるある耳の痛い言葉だ・・・・・・・。 是非、坂田静香さんを講師で読んで欲しい。 チラシの工夫ひとつで集客力に差が出ます さらに驚きなのは、坂田さん自身が作るチラシは、マイクロソフトのワードのみ。 PhotoShop(フォトショップ)やIIIustrator(イラストレーター)と言った専門ソフトではないことに驚き !(^ ^)! これなら、誰もが使えて、実践出来る! 地域リーダー養成塾でも多くの行政職員がいますが、塾生の中でも自分たちの作ってきたチラシが顧客のことを考えずに役所目線であったと反省し、集客方法の意識が変わりました。 170705_パシオン坂田静香 (3)圧縮

普段は、ばあちゃんたちとしか会話しておらず、 美人講師の前で、ど緊張 (~_~;)

この本に興味ある方下記Amazon アドレスで、 中身検索(まえがき、目次、上記3つの言い訳の理由等)が 無料で閲覧出来ます。必見! https://www.amazon.co.jp/実例でよくわかる-人が集まるチラシの作り方-坂田-静香/dp/425954747X 人が集まるチラシの作り方

本も購入しました

北陸の行政職員の方、 坂田静香さんを講師で呼んで欲しいです(●^o^●) 特に、男女共同参画課担当職員の方には、お勧めです。

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村