Have an account? Sign in or Sign up

Yearly Archives: 2018

タニシ美味い!美味しいお米づくりの副産物・タニシにヒルにおたまじゃくしにカモがいる水田

脇之谷内の水田は、水が綺麗ミネラルたっぷり。 田植え時期の水田には、タニシヒルオタマジャクシがたくさん存在する。 村の人に言わせると、タニシは、夜な夜な鳴くらしい。 鳴き声は、カエルの泣き声の聞き間違えるくらいで、今の時期は、カエルとタニシの合唱が夜な夜な繰り広げられれいる。 私には、カエルの合唱の中で、どの泣き声がタニシなのか聞き分けが出来ない。 160512_タニシ圧縮

水田の中のタニシ

160512_タニシ (1)圧縮

タニシ

170422_獅子舞食事(123)圧縮

脇之谷内では、春のお祭り(獅子舞・4月中旬)の時にタニシがご馳走として食べる習慣がある

160529_カモ (3)圧縮

画像中心に飛び立ったカモ

 アイガモ農法をしているわけでは、ないけれど、カモが圃場で餌をついばんでいる姿をよくみかけます。カモは、警戒心が強く、カメラを向けることを察知すると、銃と勘違いして、飛び去っていきます。

...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

極美味・三種の卵子(サバ・トビウオ・カワハギ)/氷見のお魚屋さん

氷見市仏生寺地域は、魚食文化が盛ん。 地域にある神代鮮魚店では、 毎日氷見漁港で当日獲れたきときと( ”活きの良い・新鮮” の意味の氷見弁) 魚が並ぶ。 この日は、店先で 卵・たまご ざんまい!(^^)! 160524_神代 (2)圧縮

画像手前から、サバとトビウオの卵子

調理方法は、醤油、酒、味醂を1:1;1で甘辛く煮付けて出来上がり お好みによって、おろし生姜を入れても美味しく頂けます

160525_神代卵(カワハギ・サバ・トビウオ) (1)圧縮 写真手前左側から サバ、トビウオ、カワハギ

 

氷見市仏生寺は、魚食が盛ん! 今でも魚屋さん(神代鮮魚店)が、自宅(仏生寺)に魚を届けてくれる。 朝獲れの魚の美味しい刺身や珍しい魚の調理方法で、昔から魚食が確立されている。 是非、あなたも氷見の魚を、自分の眼で買いに行き、堪能してみませんか?  神代鮮魚店にご案内します。 当社(NOMACHI)にかかわる氷見での都市農村交流イベント終了後、皆さんをご案内する場合が多いです。その場合、驚くようなサービスがあったりします。  ブログでアップしたのをきっかけで、今神代ファンが増えてきています。 あなたも里山で頑張っているお魚屋さんのファンになってみませんか(●^o^●) なお、魚は、日々違うので、画像にある魚介類が毎日あるとは、限りません。 また、個人で伺うのも大歓迎ですが、是非都市農村交流イベントや当社農村体験を活用されることをおすすめします( ^)o(^ )

過去の神代鮮魚店・見学ツアーの様子

 ...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

トトロの森・蛍とハープ演奏と豪華料理を満喫・映画のような世界のモニタリングツアー

1.蛍を見たい! 2.浴衣を着たい! 3.美味しい料理を食べたい! 4.地域の人と触れ合いたい! 5.非日常生活を味わいたい! そんな大人女子の希望を実現したモニタリングツアーを 氷見市仏生寺脇之谷内(わきのやち)で開催 脇之谷内?氷見市内でも知らない人が多いこの集落 実は、大人の女性が願望する5つの願いを叶えられる場所だったです!(^^)!

浴衣・衣装協力 民宿いけもり

民宿いけもりさんには、小物まで用意して戴き、本当に感謝 着付けは、地域の立派なお宅のお母さんにお願い そこでの女子トークは、男性には・・・禁断の花園 浴衣に着替えて、脇之谷内の農家レストラン ふるさと膳新(あらた)で、ミニコンサート 食事しながら、目の前でアイリッシュハープを堪能

目の前で、アイリッシュハープの演奏を満喫

ふるさと膳新で、本モニタリングツアー限定の松華堂弁当

山菜、氷見漁港の魚、贅沢でどれも美味しい

 

脇之谷内公民館前で野外コンサート

蛍もアイリッシュハープの音色を聴きに公民館前に舞い降りた 本当の音楽に親しむことが少ない中山間地域で、子供たちも大はしゃぎ この日は、地区から街に出たお子さんやお孫さんも戻ってきて 音楽鑑賞に参加 総勢60名以上の人々が、音楽を聴いていました   女性なら一度は、してみたいハープ弾き モニタリングツアー参加者もアイリッシュハープを試し弾き   音楽演奏の後は、地元の民家の中に許可を得て入って、蛍鑑賞 地域の人からは、まだまだ少ない数だが、 体験ツアー参加者からは、 「たくさんの蛍で感動」(地区住民的には今年はまだ少ない) 「トトロの森のような空間」 「ぜいたくなイベント 食事+ハープ演奏+蛍鑑賞+浴衣 すべてがメインと思ってしまうくらいの夢心地になれた」 「女子会みたいで楽しかった」 などの意見が出されました!(^^)! すべてのプランを終え、女子会トーク 地元女子、ハープ演奏者ichiさんも参加し、女子会トーク 次回以降の都市農村交流を見据えて参考になる意見や 脇之谷内地区の資源となる新たな発見もあげられた 6月18日(月)の富山新聞でも、3段落ちで大きく掲載されました

2018年6月18日富山新聞朝刊19面県内統合

   ...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

イベントのお知らせ/減農薬・有機肥料で育った特別栽培稲積梅の摘み取り体験・梅ジュース作り・梅ざんまいランチツアーのお知らせ

減農薬・原価化学肥料・有機肥料でそだった

特別栽培稲積梅

希少価値の高い稲積梅の摘み取り体験、梅ジュースづくり、梅干し・梅ドレッシング・梅アイスと梅をつかった加工品の試食までついた、

1年で1回の限定体験ツアー

昨年に引き続き、平成30年6月23日(土)に開催します。

本企画・運営・実行は、本著者であり、氷見で33回目の里山都市農村交流イベントの仕掛け企業・総合百姓 NOMACHI 元氷見市地域おこし協力隊稲垣信志が仕切らせて頂きます(●^o^●)

稲積梅

170318_稲積梅 (7)圧縮

稲積梅の花 他の品種の梅の花弁は上向きで、花粉が春の突風や雪や雨に弱いのに対し 白く、花弁が下向きの為安定して受粉し実を付けることが特徴

160619_稲積梅 収穫体験(139)圧縮

減農薬・減化学肥料・有機栽培で育った特別栽培の稲積梅

  普段は入れない梅林を開放し、梅の摘み取り体験 160619_稲積梅 収穫体験(132)圧縮

特別栽培の梅林で、収獲をする参加者

160619_稲積梅 収穫体験(136)

昨年の体験ツアーの皆さんと一緒に記念撮影

梅の摘み取り体験の後は、同じ地区にある稲積梅株式会社の工場見学

ハンドメイドで造られている稲積梅の梅干し作業場が見られます

160619_稲積梅 収穫体験(152)

稲積梅株式会社で梅の選別作業を見学

稲積地区から、移動後、続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

ボリューム満点!氷見市でランチ日替わり定食(コーヒー・デザート付き)・川村食堂 春のメニュー

氷見市役所近く幸町にある

川村食堂のおまかせランチ

1000円でこのボリューム感と味の良さは、半端ない(●^o^●)

食材の宝庫・氷見で、

地元の野菜がふんだんに入っていて、

大食いの胃袋ギュッとつかんでくれる

地元民にも愛され、時間とお金があったら毎日でも通いたくなる食堂 

可愛いお母さんと娘さんがお店を切り盛りして 地元の人たちから愛されているお店の1つです。 日替わりランチ 700円 デザート・コーヒー付き から。 私は、たまに行くので、いつも1000円の お任せランチ(●^o^●) 2018年6月5日 この日は、協力隊退任後初めて顔を出して、おかみさんが喜んでくれて かなりの大サービス!(^^)! 常連さんからも、「すごい量だな」と言われた   おかみさん、私の協力隊最後の広報・「九転十起」も大事そうに保存してくれて、 「稲垣さんの活動素晴らしいけど、広報に掲載された画像が白黒で分かりづらく残念」 と応援してくれたこともうれしかった。

九転十起の原稿

詳細は、こちらの平成30年3月号http://www.city.himi.toyama.jp/node_118/node_141/node_276/node_29591 また、このblogを見て新しいお客さんも来るらしく、 「また宣伝しておいてね( ^)o(^ )」と言ってくれるのもうれしい 氷見市内個人経営で美味しい飲食店が多数ありますが、是非、この川村食堂にも足を運んでください。 ランチのボリューム、お刺身美味しいです。 2018年6月5日のおまかせランチ

天ぷら、フライ、付け合わせ、サラダ、焼き魚、イカげそ

本日のお刺身 アジ・しおのこ・ブリ・かつお

どの刺身も氷見漁港産

肉厚で、脂がのっていて、かつしっかりとした弾力

美味い!

デザート コーヒーとフルーツ と せんべい

1日1回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

危険!★ネットで販売を考えると失敗する!

田舎のおっちゃんらは、商品を インターネットで掲載したら、売れると勘違いしている この発想は、限りなく危ない! 今の世の中、本当に多くの情報がインターネット上にある 例えば、「お米」だけで検索したら、2千万件ものキーワードがある。 そこから、自分の商品を上位に表示させるには、普通にネットにアップしてもあがるわけええはないので難しい。 お米の中で、自分の特性と検索エンジンにヒットしやすい仕組みが大事である。 これをしっかりと理解し、実践している人は、きわめて少ない。 私自身は、これを10年前から実践してきている 数少ない実践派WEBディレクターである。 本日は、少しだけその内容を本ブログに記載しました。 詳しいことをお聞きになりたい方は、メッセージをください。  

検索エンジン

インターネットで、あるもの(言葉)を検索する場合、そのもの(言葉)を検索する場合に、使われるのが検索エンジン。 この検索エンジンにヒットしなければ、せっかく自分が提供する商品をネットにあげても、第三者に知られることはない。 田舎のWEB関係者は、デザインを重視し、作ったホームページ等も見栄えばかりを気にして、本当に宣伝効果を発揮するような仕組み、仕掛けを本気でやっているWEB関係者は、本当に少ない。 富山県内で、これを意識している人は、どれだけいるのかわからない。 私自身は、決して上手なデザインを製作ではないが、WEB集客・SEOに拘っており、実際にその効果が半年程度で出てきている。 URLは、https が常識 2017年頃からいわれていたのがURLをhttpsにすること。 2018年から、googleでの検索では、htppでは、まったく検索にひっかからない。 私自身の本HPも一気に検索にひっからなくなった もともと3年もたったので、リニューアルしようと思っていたところだったので、 今改訂中である。 まだ、自身のホームページがhttpで始まるのであれば、早急にhttpsに変えたほうがよい。 ただ、上記のように、ネットでの集客をあまり意識していないのであれば、補助金等を活用して、集客できるホームページを作り上げたほうがおすすめです。 私自身副業のWEB製作を行っています。今年度は、難しいですが、来年度に向けて新たなホームページの改訂等のご要望があれば、是非ご相談ください。

画像と文章は、関係ないけどアップ

 

【ネットでの購買率】

インターネットでの購買率、アフェリエイトの人たちは、ネットだけで年商1千万円とか、業績が2倍になったとか説明をしているが、地域活性化につながる商品や、農作物であれば、そんなに期待をしないようがよいと私は思う。 ネットでの購買率は、せいぜい5%。10%もあればすごいことである。 ただ、ネットを通して知名度や信用度があがるので、WEBが必要であると考える...
続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

奇祭・虫送り!巨大松明(たいまつ)作り&幸せを運ぶ亀(藁細工)作りと心温まる素敵な田舎料理の体験レポート

田舎で暮らす人々の中に溶け込んで、常に参加者を120%驚きと感激を

体感出来る氷見市・床鍋地区の虫送り体感ツアー

今年は、4名の方々が参加し、 藁細工づくり、松明づくり をそれぞれ参加し 大満足で終えることが出来ました。 まずは、12時45分に速川公民館に集合し、床鍋に移動。 NPO法人速川活性化協議会山崎理事長より、虫送りや速川地区について説明をうける。

山崎理事長の挨拶

虫送りで巨大松明を作る地域の人々

その後、地域の人々と一緒になって松明づくり 藁や杉の枝を敷き詰めたりする作業を一緒になってお手伝いしました

参加者も一緒になって松明作りのお手伝い

 

藁の次に、杉の枝、大豆の葉っぱの順に敷き詰めていきく

完成した巨大松明 今年は例年以上に大きかった!

藁細工体験は、今回は1名が参加 マンツーマンの指導で、2匹の亀を作りました 参加者の声として、次回はお友達を連れてぜひ参加したいと リピーター獲得の予感 !(^^)!

藁の亀細工をつくった参加者

藁細工の先生(婆ちゃん)と一緒に参加者の記念撮影

  松明づくり・藁細工を終了したのち、今回は、1番膳おもてなし 豪勢な里山料理に皆さん、大満足

おもてなしをうけた地域の里山料理

  食事終了後、床鍋鉱泉で入浴 源泉かけ流しの温泉につかり、昼間にかいた汗を流す 床鍋鉱泉の前で記念撮影 床鍋鉱泉は、鉱泉という名が定番していますが、実は成分的には温泉   18時30分から、虫送りが開始   途中、松明に火をつけるのも、このお祭りのだいご味   今年も松明の炎が天高く上った 続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

田舎コミュニケーション・(地域に感謝)草刈り!での+Α 若者の失敗に陥りやすい事例

地域おこし協力隊業務以外の副業・草刈りでアルバイト

協力隊を退任後も、あちこちから仕事(アルバイト)依頼のお声がかかる。 氷見に限らず、中山間地域での高齢化は深刻であり、草刈りが出来る人は、重宝される。 また、副業での草刈りを単なる肉体労働の雑用だと馬鹿にする学者もいるが、私は下記理由で、違うと思う。   【地域資源発掘の糸口】 今年度は、稲積地区から草刈りや農作業を月2日程度依頼されている。時給にしたら1000円前後だが、この草刈りや農作業を行いながら、実際に稲積地区での気付きを模索している。 農作業を1年間行っていると、四季折々地域の人々には当たり前でも、私たちよそ者バカ者にしたら、凄い気付きや宝が眠っている場合がある。それが、その土地の宝であり、観光資源や特産品に繋がる。 これまで、私自身が作ってきた脇之谷内のキムチや床鍋の緑米、幻のフルーツ・ポポーなどといった商品は、地域に根付いた活動をしたことで見えてきた商品の一例である。 160128_キムチづくり (2)圧縮

脇之谷内の特産キムチ

また、1年その農作業を通すことで、地域の風土や特色、人柄なども見えてくる。

だから、時間を有効に使える地域おこし協力隊は、よそ者・若者・バカ者であって、地域資源を発掘するのに適材な人材だが、継続的に地域に溶け込む活動を続けられたら本当にすごい制度だと感じている。

しかし、残念なことにこれに気づかず、農作業をバカにする行政や地域おこし協力隊は、少なくない。富山県内での協力隊活動においても、地域に根付かず自分たちの好きなことばかりをやらせすぎたり、単純な行政職員の補助要員で終わっている協力隊員がいるのも現状である。

先日作成したひみ里山通信は、2年間同地区で著者自身が米作りを行ったことで出来た作品です。

ひみ里山通信 第1号

今、第2号の脇之谷内キムチ、仏生寺椎茸、稲積梅、床鍋藁細工、長坂の棚田などなどについても取材を進行中。1つの冊子を作った実績で、自分たちの地域資源に対しても冊子依頼が来ています。

冊子を作るにあたり、もちろん有償で行いますが、地域からの負担金支出を抑えても補助金や助成金を使っても可能であり、これまで多く行政書類を作成・実施してきた私だからこそ、そのノウハウは私の独自性とするところです。

 また、ノウハウについては、今後もセミナー等を開きながら多くの人々に同じように伝え地域活性化につなげてほしいです。先日のセミナーでは、受講者が早速プレスリリースを行い、テレビ3社新聞3社からの取材依頼を受けました。

 

地域のコミュニケーションが取れる特効薬!

 頭でっかちが多く、本書面以外にも本や各地で行われているセミナーを公聴しただけで、理解した気になっているのは、危険すぎます。所詮薄っぺらいものであり、やっぱり、実際に体感しなければ本当の苦労が解りません。

また実際に、自分の活動拠点となる場所での地域奉仕活動を優先させたほうが、

地域の人たちから手助けだったり、支援を得られやすくなります

 地域奉仕活動を怠っていると、結局は住みづらくなり、地域を去っていきます。

氷見市地域おこし協力隊の中でも何度も引っ越しを繰り返している隊員もいますが、地域側からの意見を伺うと「何しに来たの? 彼の活動をしらない」など地域側の期待を裏切るような意見も聞かされ、協力隊自身の評価が下がる形となっているのが非常に残念です。

 また、草刈りを行うことで、これまで接していない人や新たなお誘い等も広がります。昨年1年間の地域おこし協力隊の活動を認めて頂いてのお誘いだと思っている。

続きを読む

キャンプファイヤー・焚火好きには巨大松明(たいまつ)作り&ばあちゃんに癒されたい人は、幸せを運ぶ亀(藁細工)作り体験教室して田舎料理に巨大松明を宥めるツアー開催

巨大松明を作って、燃やす氷見市床鍋地区の奇祭 「虫送り」

虫送りで松明を燃やしている様子

直径1m、長さ8m大松明(おおたいまつ)が燃える姿は、圧巻! キャンプファイヤー好き・好きには、たまらないと思います。 この松明づくり、普段は地域の人が行う神事ですが、 限定10名に限り、地域の人たちと一緒に松明作りを賄い料理を食べ、虫送りに参加

松明づくりの様子

または、 高岡御車山のしめ縄やアイヌのしめ飾りを作っている縄のスペシャリストのばあちゃんたちが教える亀の藁細工体験を行ったあとに、虫送りに参加

藁細工体験の様子

  こんな2つの選択肢をもった素敵な氷見の里山体験ツアーを、6月2日(土)に開催します。   今年3月に行われた藁細工体験教室でも、キャンセル待ちで大盛況で終わりました。

夕方、公民館にて、地域の人と一緒に料理を頂けます

床鍋 虫送り、わら細工-952圧縮

虫送り終了後も、なおらい(食事会)があります

参加希望者は、お早目にご連絡ください。 3月のイベントの様子は、下記タイトルか画像をクリックしてね。↓

幸せパワーいっぱい♡床鍋の幸せを運ぶ亀(藁細工)体験報告/皆笑顔で感動

  虫送り(本祭りの様子)については、下記youtube動画を見てね。 また、実際に大松明を作ってみたいという人には、その作業を楽しめる企画です。 実際に著者自身も大松明作りに参加して動画を作成しました。大松明作りの参加は、藁細工より1000円お安すく地域の方と会話出来ます。 虫送りの準備の様子は、こちらの動画 本年3月にキャンセル待ちの方を優先にします。 連絡お待ちしています。     続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

田植えの順番/てんたかく、コシヒカリ、富富富 【米づくりの手順】

 田植え

 育苗ハウスで育った苗を、代掻きの終わった田に苗を植え付けること。 田植えの祭事で独特の晴れ着を着た若い女性たちは早乙女(さおとめ)と呼ばれる。 現在の慣行農法では田植え機で行われているが、自然農や有機農法では、昔ながらの手植え作業で行われている場合が多く、手間暇がかかる。

 米づくりの手順_田植え

5月上旬から中旬、脇之谷内の田んぼの田植えでは、てんたかく、コシヒカリ、富富富の順に、田植えが行われる。 なぜ、この順番かというと、同じお米にしてしまうと、稲刈り時期も同時期になって、稲刈り採取の適期を逃してしまったら、美味しいお米にならないから。 だから、早く収穫出来る早稲のてんたかく、中生のコシヒカリ、富富富の順番に田植えを行い、同じように稲刈りも9月上旬から9月下旬まで行われている。  

【てんたかく】

てんたかく は、富山産まれのお米。 平成4年に富山県農業技術センターで、 ハナエチゼンの"品質が良く、倒伏や病気にも強い"という特徴に、 ひとめぼれの"美味しい"という特徴を 足し合わさって出来たお米で、冷害にも強く主に中山間地域で作られている。 脇之谷内でも、三千坊の清流の出水で作られた山間のお米です。 160508_田植え(118)圧縮

てんたかくの田植え状況

【コシヒカリ】

福井県で誕生したお米の品種。 コシヒカリと 言う名前の由来は、 北陸地方の国々を指す 「越の国」 と 「光」 の字から 「越の国に光かがやく」 ことを願って付けられた名前であると言われている。 脇之谷内では、てんたかくの苗植えが終わったあとに田植えが行われる。 160512_田植え (2)圧縮

コシヒカリの田植え状況

【富富富】

 2017年3月に名称。

『富』の3文字は、富山の水、大地、人に育てられた「富山づくしの米」、と言う意味が込められている。

県農林水産総合技術センター農業研究所が10年越しで開発。コシヒカリのおいしさを最大限に発揮しながら、生育特性上の3つの課題、 ①高温に弱い ②丈が長く倒れやすい ③イモチ病に弱い を克服し、高温登熟性、耐倒伏性、イモチ病抵抗性に優れている。  

【新大正もち米】

新大正もち米は、富山県で昭和36年に「新大正糯(もち)」として品種登録されたお米。 「幻のもち」「もち米の王様」と呼ばれ、餅や赤飯にうってつけのお米です。 脇之谷内では、今年度富富富を栽培するため、田植えを中止しています。  

【田植えの順序】

180515_taue_hukada (5)smoll

田植え機に苗を載せる

苗30センチ×60センチの1箱の重さは、約7kg

これが案外重労働

1反(10a)当たり23枚程度の苗箱を使用します

続きを読む

一日一回、にほんブログ村へクリックして頂くと、

氷見・富山の情報が多くの人に広がります。

『ポチっと、クリック』ご協力願います。<M(_ _)M>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930